ここから本文です

バイオリンの指板に印を張って音を覚えるのと始めっから感に頼るのはどちらが良い...

osiataiさん

2009/4/610:40:35

バイオリンの指板に印を張って音を覚えるのと始めっから感に頼るのはどちらが良いですか?
本当に繊細な楽器です。少しで違う曲に聞こえます。お手本がなければちょうちょでさえ正しい音に近いか判断に困ります。
歌と同じで本人の聞こえる音と客観的に聞く音とは違うのでしょうか?テ―プなどに録音した方がよいのかな?

補足暗譜をして指をみるのはどうでしょうか?

閲覧数:
2,918
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/4/713:21:07

追記を加えましたので最後のほうもお読みください!

指板にシールなどを貼っても、実際の演奏中で指を見ながら弾くというのは、よくありません。

私のお弟子さんの中でも、大人の初心者のかたは、「あー、違う所を押さえてるなあ」と楽器を下ろして、目で見て場所を確認する方がおられますが、構えた瞬間に押さえた指の形が変わってしまうので意味がありません。

上級な曲になっても、指を見るクセのある方は、いつまでたっても本当のテンポで弾けなくなってしまいます。(左手と譜面台の方向を両方見える位置で弾いても、楽譜を見て指を見て・・というのは実際不可能)

印をつけるのは、本当に最初の数ヶ月~半年程度にし、きちんと耳で音をよく聴き、合ってるか判らないようでしたらチューナーを使ってもいいので指の感覚を身につけさせるような練習をしなければなりません。

ちょうちょう、は難しいですよ!

まずは、D線ならば、ゆっくり全弓でレーミーレーミー、次にレーミーファー、レーミーファーソーと完全に音が合うまでしつこく練習しなければなりません。

それができたら、やっと、レーミーファーソーファーミーレーなどのように、かえるの歌みたいなのを練習します。

その時に、だいたい音程が合ってるからいいかな・・ですと、あなたの音楽は今後も「ちょっと変だけどだいたい・・」というかんじで中途半端なものになってしまいます。最初のうちに、きちんと合わせる練習をするクセをつけてください!

なお、録音して、客観的に聴くのは本当にいい練習ですよ。

頑張ってください!!

追記

暗譜というのは、弓の順番、スラー、強弱などをすべて覚えて演奏することです。音のドレミだけ覚えた物は暗譜とは言いません。

悪いことは言いませんので、楽譜をきちんと見ながら弾き、押さえる指は耳で音をよく聴いて場所を覚えるという感覚重視で練習するクセをつけましょう。

なお、何年か後、上達して練習する曲のレヴェルが長くなったら、(2ページ3ページの曲)全部暗譜して、指を見ながら弾くというのは全く持って現実的ではなく、不合理な練習方法ですね。

指を見るクセがついてしまった人は、新しい曲をやろうとする度に苦労することとなります。

どうか、いい方法で練習できますように!

質問した人からのコメント

2009/4/13 12:18:11

成功 皆さんの意見が一致しました。
暗譜できたところで指を見てはダメだと言う事ですね。
感性を鍛える、音を良く聞く、弓をコントロールする、この単純に見えて忍耐と努力(中には出来る人もいる?)がバイオリンの難しさなんですね?
出来たら楽しいそうですね?

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

potaro67さん

2009/4/611:33:41

テープに録音するというのは良い方法ですね。
しかし、指板の目印はしない方がよいです。

「ちょうちょでさえ」という段階の前にやることがあります。
ひたすら、第一ポジション、第二ポジションの位置を体で覚えていくことです。もちろんピアノや耳を使いながらですが、
ソミミ、ファレレと弾く前に、ソの位置、ミの位置、ソとミを交互に、などという練習をするのが本来の姿だと思います。

まあこれは、今後の発達を考えてのことですので、来週発表会だから焦っている、とか
ちょっと弾ければ楽しい、というような場合には、そんな遠回りをしなくても良いと思います。

shoteikinさん

2009/4/617:36:14

私は完全な初心者なら最低最初の3ヶ月くらいは印をつけたほうがいいと思います。
まずは「だいたい正しい音」を指と耳で覚えるのが大事です。

編集あり2009/4/812:31:30

出来れば指板に印は張らないほうが良いと思います。
自分に厳しくしないといつまでたっても印に頼ることになるので。
指板は見ずに弾く癖をつけると良いです。
いつか、指板見て弾いているわけにはいかなくなる時がきますよ。

補足ですが
勘に頼るという言い方は正確ではないような気がします。
自分の弾いた音を聞いて弾くと言った方が正しいです。
耳で聞いて音程の差を修正します。
目で指板を見ているよりも、より感性が研ぎ澄まされると私は考えてます。

録音は良い学習になると思います。
弾いている時、音程の違いを感じ取れないのは弾いている本人だけなので
客観的に自分の音を聴くためには有効です、

nono4005さん

2009/4/1220:51:14

経験からするに始めっから感のほうがいいと思います

これはCDを聞いてからやるといいです

本人の聞こえる音とはそんなに変わりません

チューニングができるようになったら、音はすぐ覚えてしまいますよ

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。