ここから本文です

敬語についてなのですが、オフィスでよく使う「お手数をおかけいたしますが」とい...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

yid0311さん

2006/11/2419:03:01

敬語についてなのですが、オフィスでよく使う「お手数をおかけいたしますが」という文章は二重敬語となるのでしょうか?
「お手数をおかけしますが」こちらが正しい使い方なのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
119,047
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ka04zuさん

編集あり2006/11/2421:07:40

「お手数」は独立した尊敬語であり、この場合何の問題もありません。

問題は、「おかけいたします」の方ですね。
これは二重敬語ではありません。
謙譲語の一般形に、
「お(ご)~する」
というものがあります。「~」には
動詞の連用形、あるいは動作性の名詞が入ります。
その一般形のヴァリエーションの一つに、
「お(ご)~いたす」
があります。「~」に入る語は「お(ご)~する」の場合と同じです。

さて、ご質問の「おかけいたす」は、その一般形の「~」に、
動詞「かける」の連用形「かけ」を入れたものであって、
全く問題のない表現です。誰もが普通に使っています。

ただ、物事には何でも「程度」とか「ほどよさ」というものがあります。
「おかけいたす」がいくら正しい言い方であっても、場合によっては
度を超えて馬鹿丁寧に感じられることもあります。

ご質問の文の場合も、よほど高い敬意を表すべき相手でないかぎり、
「おかけします」を使った方がすっきりするのは事実です。
ただくどいようですが、「おかけいたす」は二重敬語ではなく、全く
正しい謙譲語です。その点はお忘れにならぬよう
【お願いいたします】。←この「お願いいたします」と「おかけいたします」
は、全く同じ型の謙譲語です。


ちなみに、二重敬語のすべてが誤りだというわけでもありません。
次のようなものは、一般に、慣用的用法として使用が認められています。

尊敬語の場合
「お召しになる」
「お召し上がりになる」
「お見えになる」

謙譲語の場合
「お伺いする」
「お伺いいたす」

「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)、「『ことば』シリーズ」(文化庁)、
「日本文法辞典」(有精堂)、「日本文法大辞典」(明治書院)などを参考に
しました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

グレード

カテゴリマスター

dendenko123さん

2006/11/2504:07:17

「お・ご~いたす」で謙譲表現です。この「お」は謙譲の接頭語といい、セットになっています。また「お手数」の「お」は相手の行為に対する
敬意を表す尊敬の接頭語といってもいいのですが、丁寧の接頭語としても間違いではないように考えます。

<田子>

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jfwnc865さん

2006/11/2419:05:55

致すの所は、するに対する謙譲語なので、『お手数』を『おかけ』『致しますが』
で、ベストだと思います。
お手数と、おかけが相手に対する尊敬語。
致しますの所が謙る謙譲語。…で、敬語になっている言葉です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する