ここから本文です

解決済みのQ&A

食品添加物、避けたほうがいい食材、食べ物を教えてください。

umeyume21さん

食品添加物、避けたほうがいい食材、食べ物を教えてください。

主人がアトピー、私はアレルギー体質です(花粉症、慢性じんましん)

食品添加物や油、加工品がよくないことを知りました。

そこで食品添加物について調べてみたのですが、塩化~など名称はいろいろ出てくるのですが、実際避けたほうがいい食材には何があるのでしょうか?
たとえば、ウインナー、ちくわ、明太子、かまぼこ、豆腐、バター、マーガリン・・・・など?と思いますが、食材でほかに避けたほうがいいものありますか?

豆腐は毎日のように食べています。
豆腐(イソフラボン)は体にもいいと思っていたのに、豆腐さえも避けたほうがいいのでしょうか?

野菜、和食中心にしようと思っていますが、気にしてみてみると添加物の入ったものってたくさんあるのですね…。

それから主人は休日に週2ほど、必ずポテチとかアイスを食べます。よくないと言っても、休みの日くらい…といいます。
日ごろ、仕事のストレスが多く、息抜きとして…という感じです。
これさえも制限したら、余計にストレスたまってよくないのでしょうか。
いつも、体に良くないと言うのですが、ストレスたまって疲れている主人を見ていると、いろいろ制限するとさらにストレスたまるのでは?とあまり強くは言えません。

  • 質問日時:
    2013/3/7 12:51:31
  • 解決日時:
    2013/3/14 11:15:13
  • 閲覧数:
    2,136
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

yorimi2006さん

生活指導が厳しいアレルギー科の先生で、食品添加物や加工品を一切禁止という方もおられますが、よほど重症でない限り、そこまで厳しくはないと思います。
うちの先生は、かなり厳しい方ですが。

食品添加物の目安は、「アミノ酸」と書いてあるのを避けるのが一番手っ取り早いです。
あとは保存料、着色料ですね。
だいたいその辺までで、それ以上細かくするとかなり専門的になっちゃうので、その辺までの表示を気をつけてみたらどうでしょうか。
それだけでも、スーパーで売ってるほとんどの物に書いてあります(汗)
加工品は、お惣菜や冷凍食品、外食を避ければだいたい大丈夫です。
「〜の素」みたいなのは使わず、
家で調味料を使って、食材から手作りしている場合は気にしなくて大丈夫です。

油は質の良い物だったら良いです。
というか、摂らないとますますお肌が乾燥してアトピーがひどくなります。
安い油とか安いマーガリンとかは避けた方が良いです。

大豆製品は食べた方がいいです。
バランスが大事です。
「回転食」ってご存知ですか?
たくさんの種類の食材を少量ずつ食べる、同じ食材を続けて食べない食事法です。
アレルギー科ではわりと普通にやってると思います。

ポテチとかアイスとかは、基本禁止ですが、食品添加物を使ってないのとかアレルギー対応とかありますので、そういうのに切り替えられたらいいんじゃないでしょうか。
私もポテチは好きでよく食べますが、アミノ酸の入ってない国産ジャガイモのものをオーガニックのお店で購入してます。
自然食品とかオーガニックとかアレルギー対応スーパーとかそういうのを探したら、いろいろありますよ。
ほとんどの食品は食品添加物の入ってないものがありますので、この食材が食べられないって訳じゃないです。
ただ、購入先が限られていつものスーパーでは手に入らないとか、セールや安売りはしないし、食品添加物の入ってる物の何倍もするものを購入しないといけなくなるのですべてを切り替えると食費はかなりかかります。
「化学調味料無添加」って書いてあるのが分かりやすいです。
お醤油やお味噌、だしの素等の基本的な調味料も見直した方が良いと思います。
そういうのはほぼ毎日使うので影響が大きいです。

質問した人からのお礼

  • 皆様、何が良くて何が良くないのか、とても参考になりました。
    今後、食事に気をつけて、スーパーでの食品選びにも気を遣いたいと思います。
    ありがとうございました。
  • コメント日時:2013/3/14 11:15:13

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

hdqpc491さん

アトピーにもっとも良くない食材を挙げなさいと言われれば、迷わす、

1.リノール酸などオメガ6系の脂質
2.白砂糖などの糖質

と答えます。

これらは、腸内環境を悪化させ、アトピーのより生じたアレルギー反応を増長させます。
詳細は私の知恵ノートを見てくださいね。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n79200

ポテチとかアイスを食べると言うことは、アトピーを悪化させてくださいと言っているのに等しいです。

知恵ノートにも書きましたが、オメガ3系の脂質とラフィノースなど善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂るのが良いです。

ストレスは良くありませんので、奥さんが手作りで何か作ると良いかもしれませんね。

echeveriasecundaさん

つい最近知りました。白砂糖です。これは極力とらないことです。あと刺激のある食べ物。体を温める食べ物は避けた方が良いと思います。白砂糖の入ったものはアレルギーの人には良くないみたいです。解らないことがあればまた質問してください。

mattari_peanutsさん

はい、なってないですね!
根本的に間違っています。
「えっ!?あなた何様?」
と思わず読んでください。
私は花粉症、鼻炎、結膜炎、アトピー、食物アレルギー、蕁麻疹、過敏症などの体質です。
ところが今は全て完治しています。信じないのは簡単ですよね?
□■□■□■□■
・アレルギーやアトピー、蕁麻疹の原因
アレルゲン→間違い
化学物質→間違い
アイス→正解
ストレス→正解
実はアレルギーがなぜ起きるかを知れば原因が分かります。つまり治るカギがわかります。
アレルギーが流行の兆しを見せたのは添加物なんてない時代。19世紀のイギリスです。
当時は児童労働に始まり、イギリスの森林が牧草に変わるくらいに過酷でした。
そこで花粉症なる枯れ草病が流行りました。
ヨーロッパは肉に始まり、バターやフライなどが主体です。
そして今の日本。
魚より肉、煮物より揚げ物や炒めもの、お茶よりジュースや清涼飲料水ばかりです。
アレルゲンが間違いなのはアレルギーの真の原因が食生活だからです。
アレルゲンが原因ならもっと昔からアレルギーになってます。
良い食材は
魚、海藻、野菜、キノコ、発酵食品(漬け物から味噌や醤油、ヨーグルト、納豆)
悪い食品は
肉、揚げ物、食用油(マーガリンや植物油)、糖分、タンパク質(過剰なタンパク源や炭水化物系)

ストレスには抗酸化物質や神経伝達物質が必要ですが、腸内環境が悪いとそれが欠如します。
□■□■□■
添加物ですが、自然界に存在しない化学物質全てがダメな上に伝統的な発酵を介さない調味料も論外です。
糖分ならハチミツやシロップ、黒砂糖がいいですね。
タンパク質加水分解物や人工香料、人工甘味料の類は自然界にありません。
残念ですがあなたがたとえばで挙げた食品は全て失格なんですよ…
認めたくはないでしょうが、食生活が根本的に間違っているからアレルギーやアトピーなんです。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2013/3/7 18:56:09

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する