ここから本文です

解決済みのQ&A

ブレーキから出る粉じんは、PM2.5なのか?

paupaustさん

ブレーキから出る粉じんは、PM2.5なのか?

車のブレーキから出てくる粉じんですが、空気中に飛散するだけでなく、実際前輪のホイルにはこれが良く付きます。特に外車からは良く出る様で、前輪は薄茶色に汚れている事が多いです。この極めて細かい粉ですが、今言われているPM2.5と同じ物なのでしょうか?誰か教えてください。もしそうだとすると、体に良くない物をまき散らしている事になり、排気ガス規制はよく聞きますが、こちらは、何も聞いたことが無く、このままで良いのかと思います。

  • 質問日時:
    2013/3/7 21:53:54
  • 解決日時:
    2013/3/11 22:57:18
  • 閲覧数:
    230
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

wcltrmpさん

まず、PM2.5とは何であるか、理解した上での質問でしょうか?
http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2234
2.5μm以下の微小粒子のことです。

ブレーキダストで2.5μm以下になることは稀だと思われます。
また、問題になるのは粒径だけでなく、その数が問題です。

ブレーキダストであれ、何であれ、その数が少なければ問題になりません。

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

fgg226axさん

電車も出してますねぇ~!
エレベーターのブレーキでも使われてますね~
バイクや自転車でも...

排気ガス規制...このままで良いのか?

問題ですネェ~
家庭用の給湯器は?給湯発電装置は?...

nitro_phase07さん

結局、ブレーキは摩擦で止めるものなんだから、摩擦がある以上磨り減ってダストが出るのは仕方ないだろう。

「このままでよいのかと思います」はいいんだが、じゃあ規制しろってか?
昔みたいにアスベストのブレーキパッドじゃなくなっただけマシだと思わないか?

toripper_unknownさん

粒子状物質の定義は様々ですが、この場合、今流行っている(?)のは明らかに排ガス(のようなもの)から出ている粒子状物質なわけで、ブレーキダストとはまったく異なるものです。
どう考えても明白ですけどね。
そういう発想があったのか、と驚きました(笑)

輸入車はホイールが汚れることなんかおかまいなしで、よくきくブレーキを最優先にする(200km/h以上で巡航するんだから当たり前ですが)ので最初は驚くでしょうね。
もっとも、ポルシェやフェラーリなどのOPで使われるセラミック素材のものだと、ダストが発生しないそうです。
ま、OPで100万以上するんで、普通の人には一生縁がないでしょうが。
日産のGT-Rもでしたかね。
点検ごとにブレーキパッドを交換、二回に一回ローターを交換、ローター代金が40万?円とか・・・。
バカな世界です(笑)

  • 違反報告
  • 編集日時:2013/3/7 22:00:26
  • 回答日時:2013/3/7 21:58:18

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する