ここから本文です

炭の簡単な作り方は?

cgnqj902さん

2013/4/1212:03:07

炭の簡単な作り方は?

建築用の廃材(無垢材)が沢山あるので、川原でBBQなどに使っています。
家の庭にもBBQかまどを作ったので、使いたいのですが、
煙が近所迷惑なので、できれば炭にしたいのです。
良い方法はないでしょうか。

ネットで調べたところによると、熱は与えるけど酸素は与えない
ことで、木材が炭になるそうですね。

金属のイットカンに詰め込んで、焚き火の上で炙ればOK?
土管を縦にして、下で焚き火、上で炙れば、横には熱が逃げなくて
効率よさそうですが、土管とか今時そこいらに無いしなあ。

簡単に安価にそろう材料でのやり方を知っていたら、教えて下さい。

閲覧数:
44,929
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/4/1221:20:29

材料から説明しますね!◆簡単な炭の作り方◆

材料・・・・・乾燥済 のケナフ(割り箸、乾 燥済の小枝、竹でも 可)、アルミホイル 作り方 1.原料数本を、アル ミホイルでしっかり巻 いて包みます。 2.アルミホイルの両 端を上向きに折り曲 げ、それぞれの口の半 分を空気穴として開け ておきます。 3.金網をのせたコン ロの上に、2.で作っ たアルミホイル巻きを 何本か置き、弱火から 徐々に 強火にしていき、焼き ます。金網を多少火か ら離した方が綺麗に焼 けます。又、煙が出ま すので 換気には十分注意して ください。 4.両端の空気穴から 出る水蒸気と煙が青か ら白に変わり、煙が出 なくなったら火を止め ます。 5.アルミホイルをと らずに、そのまま水に 入れた容器に冷やせ ば、出来上がりです。 *屋内でつくるのもい いのですが、屋外で大 人数でわいわいやりな がら作ると盛り上がり ます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/4/1303:33:14

一とうカン では大変です
その量で何時間も付き合いますからね 効率悪いです
ドラム缶で作ったことが有りますが、丸一日かかりました

アフリカでは 焚き火を途中で消して砂をかけて作ります
何も道具は要りませんが、ゲチョゲチュになりますなあ

tzr_xjrさん

2013/4/1223:02:50

建材だと防腐剤処理がしてあったりしないかな?
その影響については分からないケド。

他の方も回答されてるケド、炭にする手間よりも使う場所を選ぶ気遣いの方が現実的でないかなァ。

apnea_kzさん

2013/4/1217:33:39

炭にするのはおっしゃるように一斗缶またはオイル缶が便利です。
ただ炭を作るには空気を遮断するタイミングが難しいです。
炭焼き職人の方々も、そのタイミングを逃さないために、寝ずの番
をするぐらいですので。

火を付けて、ある程度のところで水をかけ(または土に埋めて)とい
う、消し炭にしても出来ないことはないですが、1寸角以上の垂木
になるとある程度の温度で燃やさないと、芯が燃え残ってしまいま
す。
木は400度以上で火は付くと言いますが、そんな温度では表面
が燃えるだけです。
炭焼きの温度は黒ずみ(バーベキュー用)で800度、白炭(備長炭)
で1000度以上で焼くと聞いたことがあります。
この方法はかなり歩留まりが悪いですし、消えた後上手く乾燥しな
いと、水分を吸ってしまって、火を付けたときにバチバチはじくことも
考えられます。

それよりも、ある程度、細かく割って、火を熾す際のたき付けにして
はどうでしょう。

どのようなサイズの廃材かは知りませんが、長さ20cmにそろえて
切り、これを鉈や手斧で2cm角ぐらいに割っていきます。
座ってでも出来る作業ですし、割る作業もストレス解消も兼ねてす
ると意外に楽しく作業できます。
ある程度割ったら、雨の当たらないところに、平積みして干しておく
と良いです。
ささくれも火口になるので、あまりきれいに割らなくても大丈夫です。

必要なときに丸めた新聞の上に積み重ね、新聞に火を付けると木
にも移ります。
その後に炭を入れればきれいに火が付きますよ。
ガスバーナーもいりません。
ちなみに竹の方が油分が多いので、火は付けやすいです。

maine_mul3oさん

2013/4/1214:05:09

炭の簡単な作り方 で検索すれば出てきますよ。

文章より 写真入りの方が 解りやすいです。

chinohteyoriさん

2013/4/1213:10:53

この作業を乾留と言います。石炭からコークスを造る、木材から炭を造る工程ですがコールタールや石炭酸類も作られます。
蒸し焼きですが、スモークの燻すとはだいぶ内容が異なりますし温度がまるで違います。
木材から炭を作る過程でも酸素を遮断して1000℃以上の温度が必要です。水、二酸化炭素、揮発分等の軽い物を飛ばし
炭素だけに近い状態にしたものが炭ですし、飛ばしたものが煙の要因です。
バベキューの時に簡単に作る方法は無くは無い・・・・木材を燃やして熾った状態になったもの・・・薄らと白い灰が
表面に付いて炎が少なくなった状態です、この状態で炭消しの壺や、缶などに移して空気を遮断すると
炭が造れます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。