ここから本文です

解決済みのQ&A

勝負に負けて試合に勝った

jrss816さん

勝負に負けて試合に勝った

よく「勝負に勝って試合に負けた」・「勝負に負けて試合に勝った」などと言いますよね?

このときの勝負と試合の意味の違いがいまいち良く分かりません。

どういうときにこうなるのか、どなたか適当な具体例で教えていただけないでしょうか?

  • 質問日時:
    2007/1/30 09:21:55
  • 解決日時:
    2007/2/2 19:01:50
  • 閲覧数:
    11,226
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

moruthinguさん

押し相撲の相撲力士が一方的につき押しで
土俵ぎわまで相手を圧倒していたのにも関わらず
最後クルッと変化をされ、突き落とし、もしくは、はたき込みの決まり手で
負けた場合の解説で用いられる場合が、相撲内容では勝り、結果は負け = 「勝負に勝って試合に負けた」「勝負に負けて試合に勝った」
という内容です。

質問した人からのお礼

  • 感謝要するに内容の良し悪し→勝負、最終的な結果→試合みたいな感じなんですね。
    参考になりました、お二方ともありがようございました。
  • コメント日時:2007/2/2 19:01:50

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

pyonhosa_akiraさん

自信はありませんが、たとえば相撲の場合、
土俵際まで攻め込み、あとひと押しで勝ちだったのに、
勇み足(自分の足を先に土俵の外に出してしまうこと)で負けてしまった
ようなとき、「勝負に勝って相撲(試合)に負けた」と解説者がよく
言っています。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する