ここから本文です

解決済みのQ&A

電池のサビ

belltreedogさん

電池のサビ

電化製品に、乾電池をそのまま入れておいたら、金属の接触部分に緑色のサビがついてしまいました。
カメラのフラッシュなので、とても小さい接触部分です。サビの除去方法を教えて下さい。

  • 質問日時:
    2007/3/3 10:46:09
  • 解決日時:
    2007/3/9 18:10:34
  • 閲覧数:
    2,833
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

radiologianさん

サビ止めを綿棒につけて慎重にサビを取ってください。接触部分が小さいようなのでほかの部分につけないように注意しましょう。サビ止めで取れなかった部分はヤスリで削り取ってください。ヤスリはルータを使ってみると上手くいくと思います。

ヤスリに関して
http://www15.plala.or.jp/tukuriageru/kennsakudougu.htmlをご覧下さい。

質問した人からのお礼

  • ありがとうございました!
  • コメント日時:2007/3/9 18:10:34

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

leguiderougeさん

緑色の錆は緑青(ろくしょう)といって銅特有の緑色の錆です。
錆は電池の端子の金属が電池からもれたアルカリ電解液で腐食し生じたものだと思います。
端子は通常ばね性のあって抵抗値の低い「りん青銅」に「ニッケルめっき」がしてあります。
ニッケルはアルカリでは錆びないので、りん青銅の組成の大部分である銅が錆びて緑青になっているのでしょう。
あまり目の粗い紙やすりですとニッケルめっきが剥がれてしまうので、
目の細かい紙やすりで水とぎするか、コンパウンドを布につけてこすってみてください。
いずれにせよ、ニッケルめっきの一部が剥がれていると考えられるので、もとの平滑な状態には戻らないと思います。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/3/6 07:42:21
  • 回答日時:2007/3/4 17:29:22

isonokenokazokuさん

まず綿棒に油を少々つけて擦ってください。これで大分
綺麗になりますよ。それでも不十分なら、サンドペーパー
を割り箸に巻き磨くという方法もありますが、粉が出るの
ので予めペーパーに油をつけて磨きましょう。

sprinter_dsさん

その電池は使用しない方がいいです。

中身が出てきてのサビかもしれませんし、

もしくは電池自体の温度差による

「結露」が原因と思います。

今の時期だと
電池は冷えてたのに、使用によって
発熱し、水滴がサビさせたもではないかと。。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する