ここから本文です

解決済みのQ&A

四十九年一睡の夢一期の栄華一盃の酒

yenruoj_gnidne_revenさん

四十九年一睡の夢一期の栄華一盃の酒

上杉謙信の言葉なんですが、「四十九年一睡の夢一期の栄華一盃の酒」ってどうゆう意味ですか?

  • 質問日時:
    2007/3/5 18:32:45
  • 解決日時:
    2007/3/6 19:43:35
  • 閲覧数:
    11,705
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

garritusさん

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E8%AC%99%E4%BF%A1

wikipediaによると、謙信の辞世の句のようですね。

四十九年……謙信の一生(1530~1578)

一睡の夢……一眠りする間の夢。多分「邯鄲の枕」や「黄粱の夢」等という故事成語の 元となった説話を
 踏まえたのでしょう。「一炊の夢」だと読みは一緒だし。説話の内容に関しては下記参照。
 http://homepage1.nifty.com/kjf/China-koji/P-066.htm

一期の栄華…一期(イチゴ)は一生という意味。謙信の一生涯の繁栄。

一盃の酒……盃一杯分の酒

で、「四十九年一睡夢」と「一期栄華一盃酒」、「四十九年」と「一睡夢」、
「一期栄華」と「一盃酒」というそれぞれの対比を勘案して、

私の一生、この四十九年は一眠りの夢のよう(にはかないもの)だった。
またこの生涯で極めた栄光も結局は一杯の酒のよう(二杯目はないもの)だった。

という解釈でどうでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

fudohdohさん

49歳で亡くなった信長を哀れみて作った言葉なのでしょうかね?49年間追い求めてきた夢を一時の栄華で例え、一杯の酒のようなものと・・・・言い表したのでしょうか?

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する