ここから本文です

解決済みのQ&A

ひまわり栽培のコツは?

tabs1114さん

ひまわり栽培のコツは?

子供の時依頼30年ぶりくらいで、ひまわりを植えようと考えています

何かコツはありますか?(栽培方法、品種等・・・)

たかが「ひまわり」、日当たりが良ければ、それで良しですか?

それとも「されど、ひまわり・・・」ですかね?

  • 質問日時:
    2007/5/8 12:27:48
  • 解決日時:
    2007/5/9 09:02:37
  • 閲覧数:
    38,586
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

kondou557さん

・ヒマワリは、酸性土壌を嫌うので、植え付ける前に『苦土石灰』などを撒いて軽く耕し、土壌を中和しておきます。

・ヒマワリは、生育期間中に『水切れ』や『肥切れ』すると、下葉から枯れ上がってくるので、
生育期間中は乾燥させないように『敷きワラ』をして乾燥を防いだり(生育期間中は水切れ厳禁)、
『追肥』を施して『肥切れ』させないように育てます。
なお、元々肥沃な土地では、元肥を施し過ぎると『徒長』する場合があるので、元肥は調整して下さい。

・ヒマワリは、直根性で移植を嫌うので、ポット苗の場合には、根鉢は崩さないように植え付けて下さい。

・ヒマワリは、生育が早く、陽光を好むので、密植すると生育が悪くなります。
従って『株間』は、大輪高性種で60㎝ほど、また中性種は40㎝ほどの間隔とします。

・大輪高性種は、蕾をつけ始めたころに支柱を立てると安定します。

・ヒマワリの病害としては、うどんこ病、灰色カビ病、斑点細菌病、菌核病、褐斑病、斑紋病などが、
害虫としては、ノコギリカメムシ、オンブバッタ、オオタバコガ、アブラムシ、ハダニなどが知られています。
病害虫の発生を見た場合には、それぞれに適した処置を施して下さい(『防除』よりも、『予防』が無難です)。

↓ヒマワリ(1-2)
http://www.jaac.or.jp/engei/flower/p16/index.htm
↓ヒマワリの育て方:ヤサシイエンゲイ
http://www.yasashi.info/hi_00001g.htm
↓ヒマワリ:素人園芸解説
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/ichinen/himawari.html
↓ヒマワリ:365花撰
http://flower365.web.infoseek.co.jp/17/252.html
↓ヒマワリ:栽培ポイント
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~g-time/zukan/helianthus.html
↓ひまわりの栽培の流れ
http://www3.cty-net.ne.jp/~fumifuji/stage.html
↓ヒマワリ:植物の病気と害虫
http://gaicyu.mezaa.net/2005/08/post_35.html
↓花卉病害虫 ヒマワリの絵目次
http://lib.ruralnet.or.jp/kakibou/emokuji/hima.htm
↓ヒマワリの病害虫に登録がある農薬名
http://lib.ruralnet.or.jp/nouyaku/mokuji_S/HIMAW.htm
↓花前線 病害情報 ヒマワリ(キク科) - タキイ種苗
http://www.takii.co.jp/flower/bugs/himawari/disease/index.html

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/5/8 16:15:20
  • 回答日時:2007/5/8 15:57:54

質問した人からのお礼

  • 降参みなさん、有難うございました
    これから、種を蒔いてみたいと思います
    たかが「ひまわり」、されど「ひまわり」・・・ですね!
  • コメント日時:2007/5/9 09:02:37

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

tebarou2006さん

たねをまく時期......4月のはじめ頃から6月のなかば頃までです。
はなのさく時期......7月のはじめ頃から9月のなかば頃です。
(その年の天候や土の状態、種によって多少異なります。)

種まき
4月から6月にかけて行います。培養土などの土を小さいビニールの鉢に入れ、2から3粒ずつの種子を土に指で1cmから1.5cmの穴を2、3個あけ、その中に押し込むようにし、土をかけます。

間引き
小さい葉が出て、葉が二段目ぐらい(葉が4枚から6枚)まで生えたら、元気なのを一本だけ残し間引きをして育てます。

置くところ
温度は20度から25度がいいみたいです。日当たりや風通りのよいべとべとしない所で育てたい。あまりひどい雨や長く雨が続く時はのき下などに移して下さい。

水の補給
水は基本的に土が乾いたらたくさんあげて下さい。目安として、真夏は朝と夕方の2回ぐらいです。

植え替え
つぼみが出てきたら根をくずさないよう、壊さないようそっとやさしく大きな鉢かプランターに植え替えて下さい。その時に土に腐葉土や赤玉土などと肥料を混ぜてたものを使う。プランターの場合は一定の間隔(15cmから20cm)ぐらいあけてつぼみの向きをそろえ植え替えます。

追肥について
本葉が出たら、ようすを見ながら液肥などを週に一回から二回与えます。与えすぎると大きなりすぎるので注意して下さい。

病虫には注意しましょう!
ようすが変だなーと思ったら、園芸店のスペシャリストに症状を話し対処の仕方を教わりましょう!

花が終わったら....
花が終わり花の中心のあたりが盛り上がってきて、下向きに首をたれるようになったら、茎ごと花を切り取る。そして、風通りの良い日陰にひぼをしっかり結び付けつるし、乾燥させる。充分乾いたら種子を採り涼しく暗い所に保管して来年に備えましょう!


http://www3.cty-net.ne.jp/~fumifuji/growing.html

chienowakurabuさん

家の場合は毎年種から種蒔きの土にまき、それから移植しますが、支柱は、やはりないと大きくならないとおもいますが。
日当たりは半日あたっても大丈夫でしょう。大輪が好きなので毎年種は網にいれてつるしてとっておきます。種も今度食べてみたいけど。ガムみたいによく噛んでいるアメリカンいますよね。

tomi2005flowerさん

日当たりが良ければ、それで良しです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する