ここから本文です

敬語の使い方のおすすめサイト、本、を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

morizo_kiccoro2005さん

2007/5/1201:35:06

敬語の使い方のおすすめサイト、本、を教えてください。

私は特に敬語が苦手です。
しかし仕事柄どこでも使う当たり前の敬語です。
慣れも重要と言われますが、なかなか慣れるのにも手間と時間がかかりますし、
しかも間違った使い方してる場合があります(例:自分が行う行動を話すのに謙譲語じゃなくて尊敬語を話すみたいな感じ。(例:私がお伝えしましょうか?←これは酷い…)

もう結構どれが何語かぐちゃぐちゃ混ざってしまったので、ここで基本に戻って勉強し、まとめねば、日々の仕事の悪影響で歯止めがつかなくなります。

そこで今後のために敬語を覚えるため、何かおすすめのサイトや本はありませんか?

出来る限り詳しい敬語のレパートリーを学べたり、応用が聞いたり、学習できたりするサイトや本だとありがたいのですが、どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
3,668
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ka04zuさん

2007/5/1312:24:40

敬語に関する公的な唯一の手引きが、去る二月二日文化審議会から答申された「敬語の指針」
です。次のURLに全文が載っています。
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf

サイトや市販本の「ハウツーもの」には間違いも多いのでおすすめできません。

「私がお伝えしましょうか。」は、謙譲語Ⅰの一般形「お/ご~する」に動詞「伝える」を当てはめた
もので、正しい敬語です。上記「敬語の指針」から、該当するところを以下にコピーしておきます。

>>
【16】自分のことに「お」や「御」を付けてはいけないと習ったような気がする
が,「お待ちしています」や「御説明をしたいのですが」などと言うときに,
自分の動作なのに,「お」や「御」を付けるのは,おかしくないのだろうか。
これは,どう考えれば良いのだろうか。

【解説】自分側の動作やものごとなどにも,「お」や「御」を付けることはある。自分の
動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば,謙譲語Ⅰとして,
「(先生を)お待ちする。」「(山田さんに)御説明をしたい。」など,「お」や「御」を
付けることには全く問題がない。また「私のお菓子」など,美化語として用いる場合
もある。
「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは,例えば,「私のお考え」「私
の御旅行」など,自分側の動作やものごとを立ててしまう場合である。この場合は,
結果として,自分側に尊敬語を用いてしまう誤用となる。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する