ここから本文です

バスロッドについて質問です。グラスロッドについて質問です。よく巻物に最高では...

choochoo_tritonさん

2007/5/1607:52:38

バスロッドについて質問です。グラスロッドについて質問です。よく巻物に最高ではじかないということがメーカーの商品説明やオークションの説明でよく書かれてます。

何故そうなのかという理由(グラスロッド以外のロッドで巻物を使ったときのデメリットやグラスロッドの特徴による巻物へのメリット)を教えてください。また実効性について体験など教えてくれるとありがたいです。

閲覧数:
7,830
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yasubei3333さん

編集あり2007/5/1610:41:47

バス釣りでグラスロッドを使う大きなメリットは2点あります
①俗に言う食い込みがいい
②投げやすく飛距離が出せる

巻き物ルアー(クランクベイト、バイブレーション、スピナーベイト等)の場合、殆どが「向こうあわせ」=バスがルアーにアタックしてきて、針がかりしてしまうケースが多く、ワームやラバージグで釣るときのように積極的に「あわせ」を入れることが非常に少ないです。

余談ですがこういった「あわせ」が必要な釣りには「あたり」をより敏感に感じられる「感度」と素早い「あわせ」が入れられる「反応速度」が重視されます。これがよくロッドの売り文句になる「高感度」「瞬発力」「ファストテーパー」という特徴になります。


巻き物ルアーの場合は乱暴な言い方をすると針にかかったことをバスに感じさせない、また釣り人が「あたり」を感じて反射的に「あわせ」を入れてしまうことによってバスの「食い逃し」を誘発させない(これが「はじかない」という意味です)ための「低感度=鈍感」なロッドが結果的に釣れやすい=「乗りがよい」ということになります。

もう一点
巻き物ルアーは広い範囲を探ることが多く、よりバスにルアーを見せる範囲を広げるためにロングキャストが有効といわれます。
長くてしなやかなロンググラスロッドはキャストの際のルアーの乗り(口で言うと難しいですが、投げる際のルアーの重量を竿の反発力に乗せやすい感じがするため)もよく初心者でも飛距離を出しやすいため、この部分のメリットも巻き物ルアーにグラスロッドを使うメリットと言えます。

とはいえ
ワームやジグを使う釣りとは全く正反対の特性をもつロッドなので、巻き物以外の釣りには殆ど使えなくなり、汎用性がかなり低くなるため、使用頻度が高いかと言えば若干疑問も残ります。

また
最近は軽いグラスロッドも出てきているようですが、一般的にカーボン素材に比べグラス素材は重くなってしまうため、取り回しもあまりよいとは言えません。
とくにグラスのロングロッドをもし一日中振ると間違いなく腱鞘炎になります。(わたしは半日でなりました・・・)

さらに
いわゆる「高感度」な「硬い」ロッドでも慣れてくれば、「あたり」を感じて竿先を送ってやるとか、リーリングスピードをコントロールする「巻き合わせ」と言った小技を効かせることができるようになるため、少ないロッドでフィールドに出るオカッパリでは、「硬い竿」でもフォローができてしまい、あまりグラスロッドの「出番」があるとは言い難いのが正直なところです。
前述のことからもわかるようにグラスロッドで硬い竿をフォローするのは非常に難しいです・・・

しかし
これからのアフタースポーンの荒食い期や夏の朝夕の高活性時期に巻き物ルアーをバンバン投げるときは非常に面白い釣りができるので、そういう釣りをしようと思うときは一本もって行くと楽しい釣りができると思います。

あと汎用性の低いグラスロッドで唯一使い回しができるのはトップウォータの釣りですかね
グラスロッドでザラやテラーなんかのペンシルベイトを動かすとネチッとしたいい動きをしてくれます。

質問した人からのコメント

2007/5/16 11:20:18

感謝 よーくわかります。プリントアウトしてノートに貼っておきたいくらいわかりやすい内容です。ありがとうございました。特にわかりやすいところは”ワームやジグを使う釣りとは全く正反対の特性をもつロッド”というところでした。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する