ここから本文です

どうせ死ぬのに、なぜ生きるの?

質問者

zikkennbanngou2gouさん

2007/10/1722:28:41

どうせ死ぬのに、なぜ生きるの?

倫理問題、第2弾です!

死んだら全てが消えてしまいます
子孫ができて、知識や経験を伝え残したとしても、私が感じたことは変容してしまいます
価値観が全く同じ親子はいませんし、伝える事が出来ても変容すれば、もはや私の価値観ではありません

「死」に向かって生きている、あるいは「死ぬために」生きている
そう考えるなら、いま死んでも同じでしょう。でも死ねませんよね

愛する人がいるから死ねないのでしょうね
でも、いつか死にます
だったら、最初から産まれて来なければ良かったのではないですか?
子孫なんか残さず、人類はこれから先、死に為に生きることを止めてしまえばいい
そうなりますよね?


この世を、魂の修行の場とでも考え、
在るか無いかも分からない、死後の世界や仏の世界を持ち出しますか?
よくある話です。こうやって昔の人は答えを出したものです


しかしながら死は単純な否定ではないのでしょう
>私にはこれから死ぬことの勉強をしなければならない
>死への(心や身辺整理の)準備のための勉強ではなく,彼女にとっては
>「死にゆくこと」そのことが仕事であり勉強だ,というのです
死と向き合う必要性は、単なる否定からは生じません


上記までを踏まえて質問します
①いずれ死ぬのに、どうして生きるのか?
②その死とは、いったい何か?
③その死によって、生が否定されない理由は何か?



私の意見(別ID)を参考まで
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010718995
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=141...

上記回答のとおり、
人間は、最初から目的があって生まれてきたのではありません
もし目的があって生まれたのなら、私達は、それに向かって生きるしかなく、自由という翼を失ってしまうでしょう
むしろ生きることが、「意味の形成」や「価値の創造」だと言えます

では死んだら、それら全てが失われるのでしょうか?
答えはNOです
それは家族等の心の中に、貴方が残っているという意味ではなく、
貴方が創り出した「意味」の積み重ね(人生の歩み)は、死んでも消えないという事です

物語を紡ぐ存在
介護などを中心として、パーソンではなく、人生を人の存在として考える動きがあります
「老い」も、「死と向き合うこと」も、その人が紡ぎだす人生の物語なのです

その物語は、この世界に刻み残される
つまり「物語=人生」が残る事は、存在論的に死なず、生は否定されはしない

補足こんなに大勢の方からとは思ってませんでした♪
今後の思考のヒントになればと思い
一言です


niponniaさん
ありがと

nyaa22さん
仰る通り死は怖いものです
怖い・生の否定
それで終わっては生きる必要が無いわけです

setoさん
どうして伝えなくてはいけないのでしょう?
難しいですね

guitarさん
子孫を残すという考えは、生物学的な前提があると思います

uysuhさん
生きているという事実が、肯定という結論ありきなんです
後は理屈の問題なんですね

続く

閲覧数:
41,512
回答数:
24
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/10/2019:59:12

生も死もシンプルなものです。
考えすぎて順繰して、さいごは元の場所へ。

①いずれ死ぬのに、どうして生きるのか?
逆です。生きてるから死ぬだけです。生まれた来たら死ぬのが自然なんです。生きていることに理由づけは不要とおもいます。生きていれば己の人生は無意味であってもなんでもいいんとかんがえます。
答えは、生まれてきたから生きている。そして死ぬ時に死ぬ。

②その死とは、いったい何か?
人生の終わりです。

③その死によって、生が否定されない理由は何か?
???自殺なら生は否定されます。だからね、自殺はしちゃあいけない。自殺に追い込むのもいけない。普通は病死とか事故とかまだ生きてたいのに死ぬわけですから。ここに選択権はない。われわれは生命の連鎖の一員です。自分の生がなくなっても、いま芽生えている新しい生に引継がれる。この地球上の人間がわたしたちの全てです。そこには自己はありません。なくてもよいのです。鮭の遡上と一緒です。メスは卵を産み、雄は精液を吹きかける。そのためだけに川を遡上します。そしてさいごは川底で死骸になる。いとも安らかな死です。動物も人間も地球上の生物すべて一緒。生が否定されない理由はただ一つ。子孫を残すことです。そうやってわたしもあなたも生まれてきた。だから他人を殺めるのは倍がけでいけないことです。ただし人間は脳みそが発達してるから精神の思索ができる。独身の方や、残念ながら子供に恵まれないご夫婦の方でも、生きて死ぬことは無意味なことではありません。無意味だと自覚してしまっても無意味ではないのです。ご自分の命を素直にまっとうすることが生が否定されない基本だとおもいます。

質問した人からのコメント

2007/10/24 23:21:01

降参 続き

samuraiさん
思考している者が
どうしてその思考の限界があると言えるのでしょう?
不思議ですね

yu_masoさん
①素晴らしい
②法律論になっちゃいましたね

superさん
生かされているという視点だけでは
どうして私は貴方を生かすのか?
という問題が生じます
つまり問題のすり替えで終わるんです


guitarさんの回答は
カントの客観適合目的性に触れているとも言えますね
世界そのものに理由が内在しているという主張で
一つの結論と思いBAに選びました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/23件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

super_aquriさん

2007/10/2420:43:11

「生きている」のと考えるのではなく
「生かされている」と考えないから答えが出ないんじゃないでしょうか。

水も空気も食べ物もあなたが造った訳じゃないでしょう?

生まれたときから全部もらってばかりでしょう?

もし友達に何かしてもらったら「いつか何かの形で」・・・って思うでしょう?

相手が「地球」や「会ったことの無い過去の偉人」や「先祖」だからピンと来ないんですよ。

もしあなたが本気で「命とは?」とか「人生の意味は?」なんて考えているとしたら
とんだ恩知らずです。
いろいろともらってばかりで自分からは何もしてあげない「借金だらけ」の人生です。

「私は生かされている」と早く気づいて「世の中の為に何かしないと」という気持ちに
一刻も早くなって下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jackie098302さん

2007/10/2323:53:22

人間ってほんとに無駄なことを考えるよね、生命が全て死ぬ為に生まれてくるわけないでしょ、全ての命が複雑に絡み合いお互いに生きて往こうとするために生まれるんじゃないのかな、その結果として他の命のために死という滅びの瞬間があるのでは?
ちなみに私は無神論者なので万物は神が与えた的な議論はちょっと・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yu_masoさん

編集あり2007/10/2316:37:07

①いずれ死ぬのに、どうして生きるのか?
>それは最初は誰にも分からないと思いますよ。
自分のやりたいことに向かって努力したり、楽しみがあったりするから
生きているんじゃないでしょうか☆
生きる希望や楽しみが分からなくなった人が自殺に走ります。(目標のない人なども)
しかし、今現在生きていて、友達と会うのが楽しくて仕方ないから、
明日もこうして友達に会いたい、たくさん話をしたいなどと思う人は、
とてもじゃないけど死ねませんよね?
もし学生が学校はだるい。行きたくないし楽しみもない。じゃあ死んでしまえ。
そう思っても、友達という存在があり、友達と話すのが楽しくて仕方ない!
そう感じた時点で、生きている楽しみが見つかり死にきれなくなるんです。
いじめられている人は、学校はだるい。行きたくないし楽しみもない。友達も居ない。
――死んでしまえ。
こうなるんです。しかし止めるものがないため、自殺にSTOPはかけれませんよね。

死を止められるすばらしいものが存在しているんですよ。
それを持っている人のみが、生きる楽しみを覚え、この楽しみから出たくないと感じるんだと思います。
なぜ死ぬのに生きるのか。それは、死ねないからです。
死ぬのが怖いといういぜんに、それを止めるものから出たくないという欲があるからです。
(私の考えですが^^;)


②その死とは、いったい何か?
>生きる限り、死ぬんです。
もし死なずに子供が増えたら、どうでしょう?
人はもはや増えすぎて、何か法律でもたてなくてはいけなくなります。
「子供を今から何年間うむな。」と。
しかし、それでは産みたいと思っても法律上、産めない人が損をする事になります。
だから、死とは重要であり必要なものなんだと思いますよ。


③その死によって、生が否定されない理由は何か?
>人間がいて、欲望があり、子供を産む事を否定できないように出来ています。
異性が居る以上、子供を作らないのは無理なことです。
つまり、自分は産まれてきてしまうんですね^^;
こんな言い方したくないけど、嫌でも誰かが産まれるし、
仕方なくでも、生きてしまうんですよ;
この質問を逆にしてみましょう。
その生によって死が否定されない理由は何か?
なんだか同じニュアンスって感じで・・・結局どっちもどっちですよね。
人間がどうして存在するの?なんて分かりません。
神が・・・サルが・・・なんてことは気にしても誰にも分からない事ですよ。


もうこういう風にできてんだから!生きるも死ぬも自由!
しかし、今楽しい事があるならば、きっとそれを失いたくないはずです。
全ては自分の気持ちだと思いますよ(*^-^*)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aisareteruyoさん

2007/10/2213:44:07

聖書に全部書いていますよ^^

皆さん神様と共に最高の人生を!!

GOD BLESS YOU!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

samurai9214さん

2007/10/2212:02:21

その命題は解決することなど不可能。意味のない命題である。

ところで、我々は呼吸をしているわけだが、

我々の意思とは無関係に、体は呼吸をする。

我々の意思に反して、体は衰えていき、やがて死ぬ。

「死ぬな、死にたくない」と思考しても、勝手に死んでいく。

よって、思考では生死を考えることはできない。

なぜなら思考には限界があるから。

そもそも、生きるとはプロセスであって、対象ではない。

対象のない生死を考えることは、水や空気を掴もうとする愚行に過ぎない。

全く価値のない命題である。

生きるとは何か?よりは、どのように生きるべきか?の方がまだ価値がある。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する