ここから本文です

解決済みのQ&A

漢方薬はなぜ食前?

mocchi2784さん

漢方薬はなぜ食前?

市販のものでも、病院で処方されたものでも、漢方薬と呼ばれるものの服用時間は
食前が多いのはなぜでしょうか?

胃を保護する関係の薬が食前なのは納得できますが、生薬を食前に飲む理由は?

  • 質問日時:
    2007/10/29 02:49:16
  • 解決日時:
    2007/11/3 23:54:42
  • 閲覧数:
    8,562
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

no9unasさん

空腹時にのむとよい理由があります。
漢方薬の成分の多くは、腸内細菌によって、吸収されやすい効く形に変えられ、効果を表します。 そのため、空腹時にのむほうが、速やかに腸内細菌のいる場所に到達するわけです。 さらに、食べ物などの影響、食べ合わせを防ぐためにも、空腹時にのむほうがよいのです。
また、附子や麻黄などを含んでいる漢方薬には、そのまま吸収される成分が入っていて、一般にそれらの作用は強く、ときに動悸や息切れなどの症状が出ることもあります。そして、これらを含んでいる薬は、胃酸により吸収が抑えられ、穏やかに作用するので、これまた胃酸の比較的多い、空腹時(食間や食前)にのんだほうがよいのです。
http://www.tsumura.co.jp/kampo/nattoku/05/nattoku5.htm

質問した人からのお礼

  • なるほど~・・・と感心しました。丁寧にありがとうごさいます。
  • コメント日時:2007/11/3 23:54:42

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

nesu1332さん

効き目が弱いから。そして、副作用が少ないから、と聞いたことが有ります。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する