ここから本文です

解決済みのQ&A

電気等の単位で、KVA と KW は全く違う単位ですよね? 12KVA と 17.5KW で...

kazukororin214さん

電気等の単位で、KVA と KW は全く違う単位ですよね?

12KVA と 17.5KW

では、どのくらい違ってきているんでしょうか?

  • 質問日時:
    2007/12/18 18:17:30
  • 解決日時:
    2008/1/2 03:06:20
  • 閲覧数:
    80,981
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

l25bxさん

1KVA = 0.8KW

1KW=1.2KVA

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

milbuuさん

皮相電力と有効電力の関係は

皮相電力=√3*V(電圧)*I(電流) [KVA] (三相交流の場合、単相の場合√3 は付きません)
有効電力=皮相電力*cosθ(力率) [KW]

力率は負荷により大幅に異なります

受電設備では進相コンデンサーを設置し概ね95%位にしますが、負荷は一概に言えません

仮に80%とした場合

有効電力=12KVA *0.8=9.6KW

皮相電力=17.5KW/0.8=21.9KVA

皮相電力>有効電力 の関係にあります

inmyway_imaeさん

単位が違うものは比較しにくいです。

どのくらい比較しにくいかというと、同じ空間の単位で
1[m]と45度はどっちが広いか?

同じ速度の単位で
60[km/s]と1000[rpm]はどっちが速いか?

と聞かれるくらい比較しにくいです。

そう、最近テレビで見るカナリアの二者択一のごとしです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2_%...

fumufumu7hengeさん

交流電源の回路において、Wは有効電力の単位、VAは皮相電力の単位で、意味が違います。

例えば白熱電球やホットプレートのようなほぼ純抵抗である電気機器の場合、電圧と電流の相差がほぼ0なので、皮相電力=有効電力となります。
それに対して、誘導モーターなどの機器は抵抗成分とリアクタンス成分がありますので、皮相電力≻有効電力となります。

有効電力÷皮相電力の値は力率と呼ばれていて機器によって違いますから、どのぐらい違うのかも機器に依存します。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する