ここから本文です

損益計算書での事業主貸はどこに?物販業で、売上(500万円)より原価(145万)と...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

tiger_gozzilaさん

2008/1/1519:31:35

損益計算書での事業主貸はどこに?物販業で、売上(500万円)より原価(145万)と経費(278万)を引くと控除前所得(77万)となっています。事業主貸で落とした148万はどう扱われてるのでしょうか?

個人事業主で青色申告者です。生活費として、毎月12万円ほど(計148万円)を口座より落としていました。貸借対照表では資産の部にちゃんと148万が計上されていますが、計算書では、どこに消えてしまったのでしょうか???売上額自体が既にこの事業主貸を引いてあるのでしょうか??会計ソフトは弥生を使っています。よろしくお願いします。

閲覧数:
1,913
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/1/1520:13:12

事業主貸は損益計算書には出てきません。

事業を始めたときの元入金(=事業用の財布)から毎月12万づつ「事業主」(=あなた)に「貸」しただけで、それ自体からは損も益もでないため、損益計算書に出てこないのです。

貸した分は利益から返してもらうことになるので、年度末に元入金から事業主貸を引いて、利益を元入金に振り替えます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

subaruautoさん

2008/1/1612:20:13

事業主貸及び事業主借は法人企業でいう貸付金および借入金をいいます。
よって貸借対照表では資産の部で事業主貸で計上されます。
損益計算書は会社の経営成績を計上するものですので148万円の計上はありません。

仕訳では 借方(事業主貸)1480000円 貸方(普通預金)1480000円です。

借方及び貸方の勘定科目は両方とも資産ですね。 分かりますね!
損益計算書は収益及び費用を計上します。 貸借対照表は資産及び負債・資本を計上しますよね!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

osiete648さん

2008/1/1520:48:43

事業主貸というのは事業主に債権ができたという意味です。つまり自分にお金を貸したから
事業主には自分から自分に返してもらう債権ができたという意味です。
ですから事業主貸で148万円ということは経費ではありません。損益計算書とは関係ないです。
債権が増えることは良いことですが、結局相手は自分自身ですので損も得もしません。経費にもなりません。
一般的に税理士は経費で落とせない領収書などは事業主貸にするみたいです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する