ここから本文です

お香典と御仏前の違いを教えて下さい。例えば、初七日まではお香典で、それ以降は...

bodyblow2007さん

2008/1/2418:40:24

お香典と御仏前の違いを教えて下さい。例えば、初七日まではお香典で、それ以降は御仏前になるとか?

閲覧数:
20,827
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aegeanyamatoさん

編集あり2008/1/2419:25:39

香典は口頭用語。御仏前は文章表現用語。
また、香典は葬儀、通夜で使用するもの。
初七日を含めてそれ以降の法要における口頭用語は香料。
御仏前は、七七日忌(四十九日)を含めたそれ以降の回忌法要での文章表現。
この回忌法要をもって成仏となるので。
但し、浄土真宗では、葬儀の段階から御仏前を使用。
そのほかは、七七日忌以前までは御霊前の名目になる。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

idaten200さん

2008/1/2422:39:05

結論から先にいうと「49日の法要までは『御霊前』」「49日の法要後は『御仏前』」になります。

お通夜、本葬(告別式)までは「御霊前」を出す方も多いと思いますが、実際には「49日」までは「御霊前」なのです。それはなぜかというと、亡くなった方は、亡くなってすぐに「仏」になるのではなく、「49日」の間は「霊」としてこの世で、生きている間の「垢【あか】」を落とし、仏になるための色々な準備をします。会社でいう「研修期間」みたいなものです。そして、「49日」のご法要が終わって初めて、仏の位に入ります。

「49日」のご法要の後は、地方の風習によって色々ですが、だいたい「1周忌」のご法要だと思います。その時に初めて「御仏前」の香典袋を使うのです。

香典袋の「霊」と「仏」はその違いからあるのです。どちらでもよいというものではありませんので、御当家にお出しする場合には、そのご法要ごとに分けてお出し下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kurakama2000さん

2008/1/2420:02:04

香典の書き方ですね.
葬儀の時の表書きは,黒白の水引を使います。表書きは上段中央に、「御霊前」と書くことがもっとも多いようですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。ほかに「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

忌明け(四十九日)後の法要の表書きは,黄白の水引を使い、「御仏前」と書きます。「御供物料」と書く場合もあります。

http://www7.ocn.ne.jp/~kobayasi/tisiki/a4.html

http://www.ohnoya.co.jp/faq/okoden/000189.shtml

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tiebo5963さん

2008/1/2419:03:53

葬式火葬が済むまでは御霊前、火葬が済んで繰り上げ法要からは御仏前です。従って初七日は御仏前です。香典とは死者に供える金銭の事で御霊前、御仏前の両方を云います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2008/1/2418:42:22

初七日が来ていないと、まだ仏様になっていないから・・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する