ここから本文です

ゴルフのコックの意味を教えて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kikitaro0525さん

2008/1/3122:27:27

ゴルフのコックの意味を教えて下さい。

閲覧数:
20,571
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ene_mguraさん

2008/2/600:28:53

親指を垂直に立ててトンカチを握っていると想像してみてください。

一撃で釘を打ち込むためには手首を垂直に固定して一番力が入る角度で打ち込む必要がありますよね?

手首が手の平側にも手の甲側にも折れ曲がっていない事が最低条件になります。

その一番力が入りそうな角度と位置がゴルフで言うところのコックに当たるわけです。

当然力の入るコックを入れることが飛距離に繋がりますが、力の入らないコックが自然に入ってしまうのもゴルフスイングの奥が深いところです・・・
コックを特に意識する必要は無いと思いますが、理想のコックが勝手に入るイメージを持つ事は大変重要だと思いますので試行錯誤しながら頑張ってください

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pile_sisterさん

2008/2/415:13:45

一人でも多く、正しいスイングが身につくことを願っています。
こちらが参考になれば幸いです。

飛距離アップに筋肉や遠心力は必要ありません。 左手のコックとダウンのタメだけです。

ゴルフはコックです。 私にはゴルフとゆう文字はコックと読めます。 それほど身体に染み付い
ているのです。

おそらくほとんどの人が、コックの重要性を理解してないのです。 プロには、コックは欠かせな
いのですが、ほとんどの人には、コックは邪魔物なのです。

あのダウンの時に、プロがやっている、シャフトが立った、ダウンのタメが、ほとんどの人には
邪魔物なのです。

あんなダウンのタメをしたら、 スライスだらけになってしまいます。

ほとんどの人がボールにヘッドを当てに行こうとゆう、意識のほうが勝るため、コックを早くほど
いて、左手の甲とヘッドが一直線にならないと、ヘッドをボールに当てにいけないのです。

インパクトの時に、左手の手首の親指側にに角度が付いていなければいけないことに、理性が
気づかないのです。 本能が邪魔するのです。

インパクトの時に、少しだけコックがリリースされるのです。 コックはインパクトの時にも保たれ
ているのです。 このわずかのコックのリリースが強烈なパワーを発揮するのです。

コックをコックのリリース直前まで、保てば保つほど、コックをリリースした時に、ヘッドスピードが
上がるのです。
コックのリリースは、動作としては小さな動きなのに、パワーを発生させる、大きな役割をしている
のです。

このコックこそ物凄いパワーを作り出すのです。
筋肉隆々のプロレスラーが飛ばないのを、TVなどで見たことがあると思います。

ダウンブローに打てることにも、プロ並のあの強烈なスピンにもすべてかかわっているのです。

最後の最後まで腰の位置までコックを保つのです。

ここから一気に解き放つのです。 もう誰にも止めることは出来ないのです。
あなたにもできるはずです。 コックさえできれば。 今からでも遅くありません。

スイングプレーンを腰の位置で、 上の面と下の面に分けて考えなければいけないのです。
上の面はつけたしなのです。 大きいスイングをしたい時に、上の面をつけたせばよいのです。

腰の位置で、 スイングプレーンが少しフラットに切り替わるのです。 決して一つの単一な面で
はないのです。

決して、決して一つの単一な面ではないのです。
これはかなり重要なことですよ。 知っていましたか。

おそらく、ほとんどの人が腰の位置で、スイングプレーンが少しフラットに切り替わることを知らず、
かつそれが出来ていないのです。 なぜなら

左手のコックとダウンスイングのタメが出来ていて、初めて腰の位置で、スイングプレーンが自然
に少しフラットに、切り替わるからです。 スイングスピードを速くしたければ、 この下の面だけ早
くすればよいのです。

左手のコックとダウンのタメによって、クラブシャフトが身体の近くにあるのです。 そこでさらに
上半身を主体に使うためスイングアークが小さくなるのです。 下半身は後からついてくるのです。

ゴルフは上半身を使うスポーツなのです。

クラブヘッドは勝手にボールに当たるのです。 当てるのではないのです。
アドレス時のボールの位置に勝手に戻ってくるのです。

グリーン周りで、よくちょこんと当てている人見かけますね。 結果ザックリ、トップですね。
パターも同じですね。
もしかして、あなたもですか。

クラブヘッドなんか、どうでもよいのです。 ほっとけば良いのです。

クラブヘッドの存在は忘れてください。 ほっとけば良いのです。

クラブヘッドは自分の役割を知っています。 勝手にいい仕事をします。
もっと極端に言えば、クラブシャフトの存在も忘れていいのです。

この意識を持てれば、 他の人など問題にならないレベルの域に達するでしょう。

「クラブヘッドなんか、どうでもよいのです」。

この言葉、あなたは言えますか。

想像してください。 シングルになれたら、クラチャンになれたら、 どんな世界が待っていること
でしょうか。 きっと素晴らしいことでしょう。 お金では変えられない一生ものの価値です。

その時、スコアはよくても、変なおかしなスイングだったら。
あなたの美意識はそんなの望みますか。

プロは勝たなければ意味ないのです。 そのためには変なスイングでも存在意義はあるのです。
アマチュアが変なスイングをしてたら、ただ単に正しいスイングが習得できずに、このような変な
スイングになってしまった人と
しか見られないのです。 変なスイングアマチュアの存在意義はないのです。

アマチュアは美しいスイングでなければだめなのです。 あなたも、美しいスイングの方がいい
ですよね。

お力になったら幸いです。 常識を捨てたら別の世界が開けるかもしれませんよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2008/2/112:59:50

難しいコックはやらない方がいいです。自分のスイングで必ず意識しなくてコックはできています。自然にコックになり自然にコックが解けます。コックは自然にできてしまうので気になさらない方がいいです。意識してやるとミスショットがかなり増えるはずですから。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

saitou9kaさん

2008/2/102:20:31

地面に対して垂直方向に手首の角度をつけることを言います。
現在ドライバーのヘッドの大型化に伴い、レイトコックが主流になりつつあります。
代表的なのが宮里藍のスイング。なるべくヘッドを体から遠いところを通す打ち方です。
逆にパーシモン時代に主流だったアーリーコックは、早い段階からヘッドを立ててトップへ持っていく打ち方。
谷口徹なんかがそのタイプだと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する