ここから本文です

解決済みのQ&A

「クラリス」という薬について

haniimasutadoさん

「クラリス」という薬について

2年前に初めてお付き合いをさせていただいていた彼氏と別れて、今は別の彼氏と付き合っているのですが、
今の彼氏とそういう関係になる前に、まず彼を守りたいという気持ちがあり、保健所でHIV抗体検査を受けたことがあります。
HIV以外に、梅毒とクラミジアの検査もできたのですが、クラミジアの検査は結果が出るまでに時間がかかるということで検査を受けませんでした。
今思えばせっかく行ったのだからクラミジアの検査もしておけばよかったと、とても後悔しています。
しかし、私は風邪を引いた時は、たいてい、いつも「クラリス200mg」という薬を朝夕1週間~1週間ちょっと続けて飲んでいます。
クラミジアの治療でも「クラリス」という薬を使うことがあると聞いたのですが、風邪で処方された「クラリス」という薬もクラミジアに効くのでしょうか?
もしそうならば、特に検査にもう一度行く必要もないかな?と思っているのですが。
どうでしょうか?やはり念のため検査に行ったほうがいいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2008/2/13 17:15:41
  • 解決日時:
    2008/2/26 03:53:31
  • 閲覧数:
    6,360
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

shiruru17さん

クラミジア感染症でもクラリス(クラリシッドというお薬もあります)を使うこともあります。

しかし、風邪と大きく異なる点は、長い期間のみ続けるということではないでしょうか?
風邪の場合大体1週間も飲めば終わりますが、クラミジア感染症の場合2週間くらい服用することもあるようです。

効くか効かないかということについては、他の回答者さんもされていますので、省略しますが、
仮にクラミジア感染していたとして、風邪のときにクラリスを飲んだからといって完治するかというと、その可能性は低いのではないでしょうか?

もちろんクラミジアの数はクラリス服用によって減少すると思いますが、全てのクラミジアを排除できるほどの服用期間ではないので、再燃する可能性があるのではないかと思います。

気になるようであれば、検査をオススメします。
女性の場合、そういった感染症に罹患しても自覚症状があまりありませんからね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/2/17 00:51:16
  • 回答日時:2008/2/17 00:49:59

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

tensinoyuuwkuさん

【錠200mg:効能A(一般感染症)】
<適応菌種>


本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属
<適応症>
尿道炎子宮頸管炎

表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症外傷・熱傷および手術創等の二次感染
肛門周囲膿瘍咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
感染性腸炎中耳炎、副鼻腔炎歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

ということで有効です。

服用法・服用時期に自信があれば。OKですが。
断定はできません。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する