ここから本文です

電線ケーブルについて質問です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

marumaru1112さん

2008/2/2001:18:49

電線ケーブルについて質問です。

VVF(単線)とVCTF(より線)の違いって何なのでしょうか?
同サイズであれば単線が許容電流が高いだけなのでしょうか?
単線は硬くまげにくく扱いにくいくらいなのでしょうか?

閲覧数:
30,665
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2008/2/2100:42:36

他の回答者さんが既にだいたい答えを書いておられますが、それらをまとめて一部補足します。

・単線だと被覆を剥くのが簡単なので、電気工事が楽です。極端な話、カッターのようなもので
鉛筆を削るようにするだけで被覆が剥けます。

・単線は実質的に針金と同じなので硬いですが、より線は柔らかいので、可動部分の配線などが
やりやすいですし、何度も曲げたり伸ばしたりするような用途でも耐久性が高いです。

・より線はどうしても素線と素線の間に隙間ができますので、ケーブル全体の直径が同じなら、
導体部分の実際の断面積は少なくなります(=電気抵抗が大きくなる)。
そのため、直流あるいは低い周波数で使う場合なら、単線の方が減衰が小さいと思います。

・電気信号の周波数が高くなってくると、表皮効果という現象が起きて、導体の表面にしか
電流が流れないようになります。
そのため単線だと線の中央部分が空洞になっているのと同じことになり、実効的な電気抵抗が
大きくなり、減衰が増大します。
そういう場合、1本の太い電線を使っても意味は無く、細い線をたくさん束ねたより線の方が
効率が良くなります。

と、こんな感じでしょうか。

【補足】
より線の方が高周波向きというのは確かですが、それが効果的になってくるのは、そうとうに
高い周波数になった場合です。
早い信号を通したいなら、そんな事より先に、プラスとマイナスの線をペアにして隙間無く
這わせるとか、それをよじってツイストペアにするとか、反射が起きないようにしっかり終端するとか、
そういう「使い方」の方が重要です。LANケーブル等もツイストペア構造になっています。

質問した人からのコメント

2008/2/22 21:41:43

成功 どうもわかり易い回答をありがとう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ndemurikaさん

編集あり2008/2/2122:12:42

VVケーブルは建物のコンセントや照明への配線など、動かないものに配線するときに使います。
単線VVは硬くて曲げにくいおかげで被服がとてもむき易く、電工ペンチで事足りてしまうし、最近は即結端子やコネクタに突っ込めばすぐ結線できて、施工が圧倒的に速くてキレイで簡単なのです。しかも比較的安いし。
だから建物の屋内配線工事とかでは、単線のVVばっかり使います。なんせ数こなして安定した品質ですばやく工事しないといけないんだから安くて、早くて、簡単なのが良いに決まってます。
たまに古い建物なんかでより線使われてたりする事があるんですが、そんなときは「マジかよ!」とキレそうになります。端子圧着したり下手すると半田あげしないといけないですからね。
建物据付のコンセントなんか一度配線してしまえば二度と配線動かすこと無いですから、柔軟性なんてどうでもいいわけです。

VCTは場所を変更する可能性がある機器とか、電化製品の電源線とか、仮配線とか、下手に狭いところに配線通すときとか、屈曲性が重要になってくるときに使います。VCTのいいところはより線の中でも素線がさらに細くて、くるくるに巻くのもバラしてまっすぐにするのも自由自在なところです。まるでロープのように使えます。だから電線をまとめてどこかに持っていて使って、また持って帰ってくるような使い方をする時は、より線のVCTでないと使い物にならないのです。被服も摩擦とかに強い、耐久性のある素材になっています。
掃除機のコードが単線だったら引っ張り出すだけで一苦労しますよ。掃除しててもいちいちつっかえます。単線は針金とおんなじですからね。こんな場合はより線のVCTにかなう電線はありません。
そのかわりVCTは、素線が細くて被服切るときに素線間違えて切っちゃったり、被服も餅みたいに伸び縮みして結構強くて切りにくいので切れるニッパやワイヤーストリッパが必要で、ねじ端子に巻きつけてもバラけたり、いちいちよじらないといけない、端子あげしないといけない、即結端子に突っ込もうと思ったら棒端子を圧着しないといけない、など施工性がとても悪いのです。屋内配線工事で使うと手間かかってしょうがないのです。

というわけで使う用途がまったく違います。どちらもその特徴を生かす分野があるので、優劣付けられませんが。
どちらも必要です。
電気を通す、という意味ではまったく同じ機能しかありませんが。←発言撤回。言いすぎでした。

許容電流が違うんですか?知りませんでした。工事やってるのにこの程度しか知りません。もっと詳しい方どうかご指南を。

補足:VCTがより線なのはノイズ低減の意味全然ありません。お間違いなく。VCTには伝送速度とか関係ありません(この用途に使う人はいないでしょ?まさか?)。←発言撤回。言いすぎでした。

追記:なんか読みにくいので修正しました。でもまだ読みにくい。すんません。

追記2:よりが高周波の伝送に一役買っているというのは知りませんでした。ツイストペアのことを言ってるのだと思ってました。VCTに信号伝送の話というのが場違いかな?と思っただけで、より線の性質についての記述なら確かに納得のいく記述です。失礼お許しください。
まあ私は被覆を被服と打つような(即結も速結の間違いだった)低レベル人間ですのであまり気にしなくていいですヨ。スバラシイ意見もここにはたくさんありますね~。今後は回答ではなく、読みに徹して勉強します。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ayk30000さん

編集あり2008/2/2101:20:35

ヨリって凄いんですよ。
LANのCAT5e、通信速度100Mが限度ですが、CAT6eは1000M。十倍の力はヨリがもたらしています。
質問者様、失礼。
誰も彼も何が気に障る?
LANの伝送域は100MHzまで。どう考えても低い。批判はいいが正確に。携帯は入力数が少ないから撚りの利点を回答としただけ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する