ここから本文です

いい俳句とは?古池や蛙飛び込む水の音、はいい俳句でしょうか?

質問者

wind_aaaaaさん

2008/2/2008:00:43

いい俳句とは?古池や蛙飛び込む水の音、はいい俳句でしょうか?

いい俳句、というものが分かりません。俳句関連の番組を見ていて、選者がひとつひとつの句を批評しているのを聞いても、まったくピンときません。単なる好みではないか、と思ってしまいます。

そこで質問です。
いい俳句とは、どういう俳句なのでしょうか。
もし、芭蕉が作った有名な俳句「古池や蛙飛び込む水の音」が芭蕉によって作られておらず、今、無名の誰かがまったく同じものを作って自作の俳句として投稿したとしたら、やはり絶賛されるのでしょうか。

補足皆様へのお礼です。
様々な視点からのご回答、とても参考になりました。俳句とは、作者や時代と深くかかわるものでもあり、それらとは独立したそれ自体に意味とよさを持つ芸術作品でもあり、受け手が大事なものでもあり。奥が深い、という言葉では足りないです。俳句の鑑賞の仕方が、回答を頂く前よりも分かってきた気がします。
どうもありがとうございました。BAを選ぶことができないので投票にさせて頂きます。

閲覧数:
3,222
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

leonocustoさん

2008/2/2015:27:31

「古池」は何百年という長い時間を感じさせます。
「蛙」の命は短いですね。その蛙が水に飛び込む瞬間はさらに短い。

古池に象徴される長い時間(歴史)と
蛙に象徴される短い時間(瞬間)とが出会って、
その結果生まれるのが「水の音」です。

神経を集中して、耳を澄ましていないと、
微かな水音にはなかなか気づかないものですが・・・

人間が微力ながら歴史の中に己の存在を残そうと努力するのは
蛙が古池に飛び込むようなものかもしれない。
その結果生まれるのものは、
たとえば水音のように一瞬で消え去ってしまうものかもしれない。
それでも蛙は古池に飛び込む。

古池や、は作者が誰であるかによらず、いい俳句だと私は思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ayk30000さん

2008/2/2111:25:04

俳句に限らず創作物全般、良いかどうかは全て受け手に委ねられています。
批評や背景は知識、むしろ偏見にも。好みも同。障害ともなります。
感覚から吸収し感情に現れる、これが作品に触れる事だと思います。感性が判断します。そんな何かに出会えると良いですね。
質問後半は妄想に過ぎず。現実には存在しません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2008/2/2123:18:26

俳句に詳しくないのですが…
あなたの疑問の参考になるかもと思ったのは、桑原武夫「第二芸術論」です。

桑原武夫は「第二芸術論」で、有名・無名の作者の俳句15首を挙げ、
すべての作者名を消した上で、俳句の「芸術性」を論じています。
その視点は一考に値すると思います。それも踏まえながら、俳句について考えてみるのも一興かと思います。
私は痛快でしたね。

一応、その内容がわかるものがあったので貼っておきます。
http://www1.odn.ne.jp/~cas67510/haiku/kuwahara.html
ちなみに、私は俳句の芸術性を否定しません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aniimoriさん

2008/2/2013:26:42

「古池や~」が、今無名の人に詠まれたとしたら、評価は得られないでしょう。
理由は娯楽がウケるのに必要な「旬」が、古池や~の俳句にはないからです。

俳句は、短歌から連歌、俳諧を経て松尾芭蕉が生み出したもの。成立過程からして「戯れ(お遊び)」が基なんです。
連歌の時点で上流階級のお遊びであり、庶民に浸透していくにしたがって俳諧、俳句と簡略化されていきました。
芭蕉はその流れに乗って新しい遊びを編み出した「時の人」ですから当時の評価は高い。
また、俳句の創出者ですから彼の俳句を「手本」としますので後世の人にも評価が高いんです。

たいして面白くなくても人気芸人が芸をすれば笑ってもらえるように、娯楽は「旬」をつかむ必要があります。
では今「古池や~」は「旬」か?古池を見た人は少なく、蛙で季節を感じる人も少ない今では旬とはいえないでしょう。
有名な人ならネームバリュー分の評価は得られるでしょうが、芭蕉の「古池や~」ほどにはならないと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2008/2/2101:17:45

いい俳句とは、作者が想起した世界の片鱗であるもの。

無視される可能性のほうが高い。俳句は、そういう危うさがある芸術です。

<追記>
他の回答者が記載している「桑原武雄」とは、「桑原武夫」のことです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する