ここから本文です

保険を比較しているのですが、結局どこが一番いいんですか?

nsbxhd8jshyd7さん

2015/11/2517:00:33

保険を比較しているのですが、結局どこが一番いいんですか?

保険の見直しを考えています。医療保険と生命保険ですが、日本の会社か外資系の会社かでも迷っていますし、商品そのものにも迷っています。
生命保険は、子供が3人いること、妻が専業主婦であること、などを考えますと、私に万が一の時があった場合、手厚い補償があったほうがいいと思うのですが、掛け金が高くなることも考えますと、どこがいいのか考え込んでしまいます。
またガン保険や医療保険なども、外資系がいいという人もいれば、外資系は危ない、という人もいます。
妻が日中家にいるので、保険外交員がしょっちゅう来るそうなんですが、妻も私も保険の外交員があまり好きではありません。
差別的発言でしたら、お許しください。
気軽に相談したい、でも豊富な知識を持っているところがいい、と思っているのですが、保険の見直しをしたことがある方、または特定の相談機関を利用したことのある方、またこの会社はお勧めだ、という意見をお持ちの方、何でもいいです。
たくさんのご意見をお待ちしています。

閲覧数:
906
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jdyfjjf7さん

2015/12/111:01:31

保険は外資系が入り込んでから、比較、加入するにも見直すにも、迷うことが多くなりましたよね。
外資系は掛け金が少ないのに、補償内容がいい、という点で勧める人もたくさんいると思います。
確かにリーマン・ショック後にアメリカのAIGが倒産の危機に陥りましたが、アメリカ政府はリーマンは見捨ててもAIGは倒産させませんでしたよね。
AIGは世界最大の保険会社でした。そこが倒産すると世界中が大パニックを起こすに違いないと判断したためです。
このように、保険会社というのは、どの国であれ、他の金融会社よりも政府が守るケースが多いのです。
日本に支社を持ち、広告宣伝を頻繁にしているような大手外資系の保険会社は、まず安全だと思うのですが。
もし私のこんな意見よりももっと信頼できる機関、保険のことを幅広く相談できる機関をお探しでしたら、「保険のビュッフェ」というところをお勧めします。
http://www.hoken-buffet.jp/
質問者様が懸念されている、外資系の保険に詳しい機関ですが、ファイナンシャル・プランナーが自宅まで来てくれ、相談に乗ってくれます。
ファイナンシャル・プランナーは保険も含め、あらゆるライフプランにかかわる、お金の相談に乗ってくれますし、非常に経験も知識も豊富な人が多いです。
当然、日本の保険会社のことに話が及んでも、答えてくれるのではないでしょうか?

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/12/123:37:13

保険を比較した場合、外資系のメリット→人件費がかからない分、保険料が安い。セット商品ではなく単品か自分に合わせてオーダーメイドできる。また自分でオーダーメイドするので保険の内容を把握しやすく、また頭によく残る。
外交員が女性ばかりではなく男性も多い。女性の外交員が苦手な方には最適
デメリット→自分である程度比較検討する必要があるので、勉強しなければならない。
満期が近づいても放っておかれるケースもある。ア○コなどがいい例だが、何かが起こった場合、コールセンターに自分で連絡して何から何まで手続きを自分でしなければならない。(アクサ、ジブラルタは別だが、ジブラルタは商品が悪い)
日本の保険会社のメリット→外交員が何から何までやってくれる。対面式で相談しやすい。担当が決まっているので、長い付き合いになり、信頼関係が生まれる。
デメリット→セット販売がいまだに主流で内容がいまいち理解できない。人件費がかなりかかるので、その分保険料が割高になっている。
倒産したり合併したりするケースが意外と多い。
これらを考えると、日本と外資の良いとこ取りをしている、アクサが一番いいと言える。

2015/12/122:20:57

保険を比較する上で「保険の窓口」が一番いいのではないでしょうか?
近くにあるのであれば、ご自身の今加入している生命保険の証書を持って相談に行かれたらいいと思います。
「保険の窓口」の一番いいところは、外資も日本企業も多数扱っている、どちらにも豊富な知識を持っている、という点です。
ですが、相談に乗ってくれる人はファイナンシャル・プランナーではないような気がしますね。
研修を受けた相談員の方が相談に乗ってくれていたような記憶があります。

2015/12/114:20:08

外資系の保険会社と日本の保険会社を比較して、日本の保険会社は結構倒産しているよね?
1997年 日産生命
1999年 東邦生命
2000年 第百生命 大正生命 千代田生命 共栄生命
2001年 東京生命
2008年 大和生命
それに対して、日本に支社を置いた保険会社の倒産は一度もないよ。
危ないのはむしろ日本の方!

張替 愛さんの画像

専門家

2015/11/3004:36:24

ご家族の人数が多いので、万一の時の保障はしっかりとご準備されておいたほうが良いでしょう。
少なめの保険料で大きな保障を得るためには、掛け捨てタイプの保険を選ばれると良いでしょう。万一の時のご家族の生活費としては、収入保障保険でご準備されると効率的です。月払いではなく年払いにして保険料を節約するという方法もあります。

その他、予算に合わせて医療保険やガン保険もご準備された方が良いかと思います。大きな病気をした時に会社から補助があるかなどを調べておくと、どのくらいの保険金額が必要なのか考えられると思います。

遺族年金の金額も、万一の時の会社からもらえる補助もご家庭によって異なります。1番大切なのは、ご自身に万一のことがあった時にいくら足りないのかしっかりと考えてから保険にご加入することだと思います。

生命保険や医療保険など、各社で得意な商品が異なりますので、複数の保険を扱っているお店に相談された方が良いかと思います。
ご自身から連絡して相談するタイプの保険ショップであれば、しつこい勧誘はほとんどありませんよ。

この場では業法上回答できない部分もございます。個別に無料相談を承っておりますので、宜しければお問い合わせください。

2015/11/2818:22:39

保険はオーダーメイドですので何が良いかは、家族構成や収入などによって千差万別です。

気軽に相談したいが、売込みは嫌いというなら所謂独立系ファイナンシャルプランナーに相談するのもありですが、相談料を取られます。
無料相談するFPは保険の売込みをしてきます。

最近は大手銀行などでもプロ人材に保険見直しをしてもらえますよ。
保険ショップも多数の商品から選ぶ事が出来ます。

良い保険屋の選び方は、商品
ではなくて客の話をよく聞いてプランを合理的に設計してくれる担当を選ぶ事です。

「複数の方と相談して、自分が一番納得出来るプランで契約したいので、ベストプランを立ててほしい」と最初に言えば断るのも簡単ですし、必死で考えてくれますよ。

面倒ですが、複数の保険屋に会うのがベストです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。