ここから本文です

解決済みのQ&A

ピアノとエレクトーン。どちらが難しいと思いますか? ピアノを弾いていてふと思っ...

arpeggio2008winさん

ピアノとエレクトーン。どちらが難しいと思いますか?
ピアノを弾いていてふと思ったのですが、右手+左手+ペダルで精一杯なのに、

エレクトーンは右手+左手+ペダル鍵盤+表現ペダルです。しかもペダル鍵盤は見ないで弾かなくてはなりません。こうして考えるとエレクトーンって相当に難しいような気がするのですが。

補足
皆さんご回答ありがとうございます。BAは投票で決めさせていただきます。
  • 質問日時:
    2008/3/17 21:56:53
  • 解決日時:
    2008/4/1 03:22:50
  • 閲覧数:
    2,942
    回答数:
    8

ベストアンサーに選ばれた回答

jake_kggさん

根本的に違うのですがピアノは鍵盤を叩き、エレクトーンは鍵盤を弾きます。

エレクトーンを弾けてもピアノを弾けない人は多いですよ。
鍵盤を弾く力が弱いので。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(7件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

fish_cook_eatさん

俺はどっちもイントロだけで、挫折してしまいますね。
確かに、言われるように、使うパーツが多いエレクトーンの方が
初級レベル到達には難しい気がします。
が、その後の中級、上級、その上となると
エレクトーンはピアノには絶対に勝てない気がします。
ピアノの方が遥かに難しいって意味です。
指の微妙なタッチを表現できるのはピアノが勝ちですね。
それを、表現するのはかなり難しいと思いませんか?
ドラマーって、両手と両足を使いますよ。
バイオリンって、両足を使いませんね。
だけど、エレクトーンより評価が高いですね。

ピアノソロとエレクトーンのソロと比べて、
どっちが観衆に感動を与えることが出来ますか?
一時的にはエレクトーンだとしても、
いつまでも心に残るスタンダードは
ピアノだと思いますよ。
ということは、ピアノの方が難しいっていうことです。

sakuzatchiさん

エレクトーン大好きっ男です。

はっきり言ってピアノは難しすぎて手が出ません。
エレクトーンは、右で旋律、左で和音、足で低音という分業体制ができているため、
それぞれが自由に動けますが、ピアノだと和音を両手で支える必要があります。

足は、あまり考えなくても見ないで弾けるんです。これは不思議なことです。
エレクトーンは、なによりいろんな音色が使えますから、一人でオーケストラを率いているようなものです。
音で遊べるのです。同じ譜面でも、人によって音色の設定が変わりますので、そこら辺も個性の勝負ができます。

また、必然的に楽器の使い方や編曲の理論も身に付きます。MIDI関係の知識や能力も身に付きます。
エレクトーンは音楽を幅広く眺めていける楽器です。
気軽に始められるし、奥はとっても深いと思います。

誰か優しい人、ステージアを僕に譲ってください。EL-900mでもいいです。

kawanadoragonさん

エレクトーンは操作が難しく、ピアノは表現が難しいです。
違う楽器なので、比べようがありません。
極端に言えば、ピアノは同じに弾いたつもりでも同じ演奏は二度と
出来ませんが、エレクトーンは同じに操作すれば同じ演奏に
なります。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/3/18 09:00:24
  • 回答日時:2008/3/18 08:58:03

pitomiringoさん

私もどちらも演奏しますが、一概には比べられないと思います。
極めようと思ったらどちらもすごくすごく難しい。

私はエレクトーンから入りましたが、ペダル鍵盤やエクスプレッションペダルは苦になりませんでした。
車を運転される方が視界を確認しながらアクセルを踏んだりクラッチを切り替えるのと同じような感じです。
ただ、楽器の進化に伴ってタッチトーンが出てきてからはピアノでタッチで抑揚をつける表現力とテクニックを訓練してエレクトーンに挑むような状態でした。エレクトーンを弾きこなすためにはピアノの演奏技術は必要だと思っています。
減衰音ではなく持続音にかけるアフタータッチも難しくその両方をフレーズごとに使い分けるわけですから弾くより前に考える時間が必要になりました。楽器の機能で出来ることが増えるたびに難しくなっていきます。

エレクトーンは出版されている曲集を楽しむだけでなく、初級者上級者に関わらず自分でアレンジをしたり、オリジナル曲を作って楽しむ人がとても多いです。
足鍵盤をバス、左手をコードと弾いてしまえば簡単ですが両足でチョッパーベースの様に弾いてみたり、オーケストラの曲をアレンジして弾く時には足鍵盤で旋律も弾きます。
足鍵盤でのレガート奏はとても難しいです。

ピアノにしても、譜面を弾くだけならばいくら難しくても時間さえかければ弾けますが、『ピアノの音』にするのが難しかったです。
『こういう音で弾きたい!』という考えが出てきた瞬間、私にとって非常に難しいものになりました。
曲の解釈などは、伝統があるので決まったスタイルがありますし、先生の感覚に委ねて弾いていた時には簡単に思いました。
でも、そこを超えた時には難しいものがあるのでしょうね。私はそこまで行き着いておりませんが。
それから、ピアノによってメーカーや作られた年代で音がことごとく違うので、外でいきなり弾くことになるととても焦ってしまいます。

長くなってしまいますが、取っ掛かりが簡単なのはエレクトーン。
奥が深い・・というか計り知れないのは両方とも同じということでしょうか。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/3/18 08:09:45
  • 回答日時:2008/3/18 07:59:03

aquaforest3737さん

私は両方とも演奏していましたがエレクトーン(電子オルガン)の方が遥かに簡単でした、恐らく両方経験されて方は同じ意見だと思います。ピアノからエレクトーンは簡単に移行できますが逆の場合エレクトーンからピアノのほうが相当苦労します(私もオルガン系からピアノですので苦労しました)

理由はピアノは独立した両手の指で打鍵する難しさがあり指の筋力やピアノを弾くためのトレーニング期間が必要ですし、難易度の高い難曲や名曲が多くあり伝統があります。しかしYAMAHAの登録商標であるエレクトーンはオルガン系なので鍵盤が軽いことと、基本が右手メロディー、左手はクローズヴォイシングでコードのルート音を省いた転回形のコードを押さえて、左足の基本はコードの根音(ルート)と5度を弾く場合が多く、もちろんある程度の練習は必要ですが3~5年も弾いているとある程度のパターンがあり体が覚えていきます。右足は音量変化とリズムの切り替えなどでほとんど自然にできてしまいます。
もちろん難易度の高いアレンジもあり単純ではありませんがエレクトーンはリズムや各種の音の切り替えで演奏が派手に演出できるため上手く聞こえてしまいます。しかしピアノは両手のみで表現しなくてはならないため相当の訓練が必要と感じています。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する