ここから本文です

死後なんて無い、なんていう人が信じられませんね。 死後はあると確信している人...

hamaya99ryoさん

2016/2/2600:12:09

死後なんて無い、なんていう人が信じられませんね。
死後はあると確信している人は
そういう人達に対しては「じゃあ今現在貴方が見ているこの世界
はそもそも存在するんですか?」と問いかけたいですよね?

現実世界が幻ではないと言い切れるのか、みたいな

閲覧数:
1,014
回答数:
38

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oohinotoriさん

2016/2/2605:29:15

「と言う人が信じられません」の見解は信じることを前提にしており
信じ合う必要がハッキリ意識されていますよね、人は何を根拠に信じ
るのかを整理すべきでしょうね、しかし世界中で死後との交信や会話
が出来るのは限られた人々であり、大多数は出来ないので信じられず
死後の世界は語るべきで無いや復活、別世界への旅発ちなど、現実に
投影してしか説得力が無く、五千年の経験でも信じ得ないのですがね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/37件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

park2345eiさん

2016/3/311:27:07

私は過去30年程前、
深い瞑想中に異次元体験(前世映像を見る2回・幽体離脱5回)を
しました。

幽体離脱は深い瞑想中に、空(から)になった自分の肉体を
本当の自分(真我・魂)が、天井位の位置から、
ただ眺めているだけで、時間が止まっているように感じ、
眺めている時間は2~3分間位ですが、現実は40分間くらい経過。
その時の自己意識は「無」の状態のように感じました。

その後、私は想いました。質問にある現実世界は、
宇宙・自然界の存在もあるので、全て「幻」だと言い切れませんが、
人間生活の世界は、
その人(真我・魂)が持つ想念・波動・気のエネルギーで
現実を創っていると確信しています。

質問の回答になっていない時は、謝ります。

2016/3/309:06:00

荘子の「胡蝶の夢」ですね。ルイス・キャロルの「鏡の中のアリス」では、赤の王の夢の話がありますね。

実際、現実に生きている私たちにとって、「死後の世界は知らなくていいこと」ですから、「死後がない」といっても構わないと私は思いますが、哲学的にも科学的にも探求したい課題ですね。

ホログラフィック原理は「現実もまた幻かもしれない」と示唆しています。私たちは、プラトンのイデアの世界にいるのだと思います。

2016/2/2820:33:31

試しに行ってきてくださいp(^-^)q

eeeeegaoさん

2016/2/2815:42:50

考えたら考えただけドツボにハマりますよね。
私はあると思うのですが、実際経験してみないとわからないですし、でも、経験できるのかさえわからないですし、
永遠ループしちゃいますよね!

生きてること自体が本当に不思議で、この見えている世界は事実なのか、とか、この空は青く見えているけど、みんな本当に同じ色の青が見えているのかとか、青ってこれが青なのかな?とか、、、、

考え始めたらいつも止まりません!
何かと不思議ですよね
全部が!

a0655bdさん

編集あり2016/2/2811:54:06

死後の人がどうしてるかなんて、わからないから、結論はでない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。