ここから本文です

オペラ歌手はどうして、あの様な発声方で唄うのですか? あのこもった様な発声方...

質問者

rpjhg686さん

2008/4/104:53:48

オペラ歌手はどうして、あの様な発声方で唄うのですか?
あのこもった様な発声方は何と言うのでしょう?私は不自然で美しくないと感じます。
オペラファンは多いですが、皆さんあれを美しく感じるのですか?

童謡など馴染みの歌でも、オペラ歌手が唄うと発音が不明瞭で不自然で少しも良いと思いません。
自然な発声方で唄う歌手の方がよっぽど「いいなー」と感じます。
オペラがあの発声方でなければならない理由が何かあるのでしょうか?

閲覧数:
4,188
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2008/4/108:42:48

自然な発声法で唄う歌手と言うのは「由紀さおり」みたいな方ですか?
あれはあれで、私もとても好きです。
でも、あの歌い方で大ホールで歌うにはマイクが必需品ですよね?

オペラ歌手の声を「こもった発声法」と感じるのは
単純に「なじみ」がないからだと思います。
マイクも何も無い、大きな劇場のための方法ですから
そういう芸能に慣れていない人には「??」と感じられても仕方ないと思います。

質問者さんは、きっと歌舞伎役者の舞台発声を聞いても「??」と思われるでしょう。

大劇場で、マイクを使わずに
オケの伴奏を伴って劇的な表現をするためには
ああいう発声でなければ
1000人からの客席の聴衆に届かないのです。
聴衆は言葉の発音やセリフ回しを楽しむことよりも
劇的表現による大掛かりなドラマを期待して来るのですから
一人の人間が発する声には限界がある以上
音量や共鳴や劇的表現を優先すれば、言葉や発音は多少の犠牲にならざるを得ません。

また、作曲家もそういう点を鑑みて曲を作りますので
喋り言葉をそのまま音楽に転用した歌曲のようには
オペラを作曲しません。

なので
マイクを使って、あの発声で歌曲(童謡やら唱歌やら)を歌うと
不自然に聴こえてしまう場合が多いのです。

オペラを歌う方でも
ドイツリート(歌曲)や室内楽も勉強して
それに対応した歌い方も出来る歌手の歌なら
そんなに気になることは無いと思いますが・・・・

質問した人からのコメント

2008/4/2 13:56:32

ベルカント。なるほどそういう事ですか~。それを知った上でオペラを聴くと、
また違った印象になるのかも知れませんね。訊いて良かった。ありがとう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hirosi20313さん

2008/4/201:22:02

美しいものを美しいと感じられないのだから、いくら詳細に説明しても無意味でしょう、あれを美しく感じますか?って、大きなお世話だよ。馴染みの歌が童謡だって言うんじゃ話しにならない、10年早いね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yskch81さん

2008/4/118:12:07

「ほとんど皆無に近い」ってひどい日本語だな。
オペラの前に日本語を勉強すべきだな。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2008/4/117:28:26

こもった様に聞こえると言うことですが、自分も日本人がイタリアものを歌う場合に同様な感じを受けることが多いです。

今日、オペラと言えばイタリアものとドイツものが主要な地位を占めていますが、本来、イタリア語にはベルカント唱法、ドイツ語はドイツ唱法で歌うのが理にかなっています。ドイツ語は子音が多く、イタリア語は母音が多いことから自ずと歌い方も違ってくると言うことだそうです。
従って、イタリアオペラはベルカントで歌うべきなのですが、日本の声楽教育はドイツ唱法一辺倒で、正しいベルカント唱法の日本人はほとんど皆無に近い、と知り合いの声楽家から聞きました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2008/4/116:36:21

長い時間と共に、今の歌い方に変わっていきました。(同じ言語でも発音が変わって行くのと一緒です)私も今の歌い方は嫌いです。19世紀以前の録音がないので断定的には言えませんが。

ルネサンスや前期バロック(のアカペラ)では、ほぼノンビブラートで歌われますが…ピリオド奏法と同じ研究がなされることを希望します。もっともっと美しくモーツァルトのオペラが聴けることでしょう!

まあ世の中普通の言い方で言えばいいのにわざと?違うように言っていることって多いよね。読経、電車内アナウンス…

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

eight8thmanさん

2008/4/115:03:45

一般的なオペラ歌手をはじめとするクラシックの声楽の発声(歌唱)法をベルカントといいます。
これはオペラ発祥の地であるイタリア人にとっては自然な発声法であり、欧州各地に歌劇場が
晋興したことに伴って、改良が加えられながら技術として確立し、伝統的なものとなりました。

したがって、人種や民族を問わず、イタリア人のように歌える発声法ではあるのですが、ご指摘の
ように、素質が充分でなかったり、技術的なレベルが低いと、「こもった様な発声」に聞こえたり、
「不自然で美しくない」と感じられます。日本で童謡のアルバム等を出している、2流3流の日本
人オペラ歌手ならば、さもありなんです。

しかしながら、例えば著名な声楽家が母国の童謡や民謡を録音したものを聴きますと、発音も明
瞭で、とても自然に聞こえます!

「オペラがあの発声方でなければならない理由」は、本来、マイクやPAのない、オペラハウスに合わ
せるためですから、今日(パヴァロッティ等、1流歌手でもステージでマイクを使いました)では実用的
な意味は薄れましたが、「芸」としてベルカントは伝承されています。

同様のことは日本の民謡や相撲の呼び出し、落語の語り口等にも見られます。それらの発声法も
本来はデパートや駅のアナウンスと同じく、実用的に聞きやすくなるように発達したものでしたが、今
日ではそれが「伝統」となっています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する