ここから本文です

解決済みのQ&A

クラリネットのタンギングの方法が分かりません

kasumin3さん

クラリネットのタンギングの方法が分かりません

、舌の先でリードの振動を直接止める
、舌の先は下唇についていて 舌の少し中程でリードの振動を止める
、舌は唇にあてて直接的にリードの振動は止めない

どれが正しいのでしょうか?
もしかして、全部間違ってたりしますか?

中1からクラリネットを初めて現在高1なんですが、
先輩にタンギングについて指摘され、
根本的に間違っているような気がしてかなり不安です。

今まで2つめの方法でしてたんですが、
それだと速いパッセージは吹けないので、
自然に3つ目のようになってしまいます。
それでもきちんと「タンギング」はできている(つもり)なんですが・・・

1つめの方法もできなくはないですが、速いタンギングではできないし、
音を止めるとき(舌をリードにつくとき)にパチパチ音がなってしまいます。




分かりにくいかと思いますがアドバイスお願いします。

  • 質問日時:
    2008/5/14 19:17:25
  • 解決日時:
    2008/5/29 03:05:59
  • 閲覧数:
    3,031
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    250枚

ベストアンサーに選ばれた回答

china_zhongguo_chinaさん

私思いますに、基本的にタンギングは「舌で止める」ではなく、「リードにつけた舌を離す」と思います。
タンギングの舌の動きは、変な表現ですが「いー」と言いながら、「う」の口をしたときの舌の位置、もしかしたら外国語を勉強したせいで感覚がおかしくなってるかもしれませんが・・・。そこから一瞬舌がリードについて離す!これがタンギングと思います。

ラーラーラーラーと口で言ってみれば、わかります。

もう10年も吹いてないのに私見ですみません。お試しください。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/5/17 09:14:56
  • 回答日時:2008/5/14 22:44:38

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

go_go_lapinさん

10数年クラリネット吹いています。
「舌の先でリードの振動を直接止める」が適切だと思います。

「音を止めるとき(舌をリードにつくとき)にパチパチ音がなってしまいます。」 とのことですが
舌をつく位置を少し変えてみたらどうでしょうか?

「速いタンギングではできない」 については、練習しなければできないものです。
クラリネットは特に、タンギングしにくい楽器なので、(口に入る容積が大きいため)
他の楽器の人よりも練習しなければなりません。

日々、「トゥトゥトゥトゥ・・・・・」と言いながら、地道に舌を鍛えてみてください。
よく喋る人ほど、舌が鍛えられていて、タンギングも速くできます。
「よく喋る」も解決への道かもしれません。

私も学生時代、後輩に同じ質問をされましたが
悩んでいる子は、舌のつく位置がわからないというより、
だいたい、舌を速く動かせないからできない、という状況でした。
私もタンギングは苦手なので、練習が本当に重要だと実感しています。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/5/18 01:49:10
  • 回答日時:2008/5/18 01:48:46

megumi_ayutakuさん

私は
舌の先でリードの振動を直接止める

です。

舌の先?っていうより、私はまいた下唇に舌をくっつけて(ていうか無理に押し付けてw)
とめてます

あ、ごめんなさい。

私始めたばかりで中1なので多分間違ってるかも。

ですけど私わこれでやってます・・・

変なのでごめんなさいっ

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する