ここから本文です

確定申告の経費について教えてください。クレジットカードの年会費を経費として計...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kulibojpさん

2008/9/2122:55:14

確定申告の経費について教えてください。クレジットカードの年会費を経費として計算できると聞きました。それは白色申告でも可能でしょうか?もし可能ならどのようにすればいいのですか?

補足情報不足ですみません。私は勤務医で複数元からの給与収入があるため、毎年確定申告をしています。出張などの仕事に関する費用を専門に引き落とすカードであれば年会費も含めて経費にできるのですか?

閲覧数:
3,792
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dsa52730さん

編集あり2008/9/2215:35:04

白色申告であっても、経費自体は青色申告と何ら変わりはありません。
事業で、そのクレジットカードを使用しているなら「雑費」で必要経費に算入できます。

補足へ回答します
勤務医であれば、何箇所かからの給与所得を合算しての確定申告ですから、給与所得控除で全経費分をみますので、その他の経費(クレジットカ-ドの年会費など)は経費として認めてもらえません。
事業所得の、白色申告であれば、給与所得控除が受けられませんから、経費として算入出来るはずです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gagaga221さん

編集あり2008/9/2301:05:34

情報が少ないためになんとも答えづらくなっています。
あなたは個人事業主ですか?それともサラリーマンですか?

文面からは個人事業主と読み取れますが、もしそうなら、経費に計上するだけです(つまり、年間の利益を計算するときに収入からマイナスするということ)。
ただし、そのクレジットカードを使って、個人的な買い物などをしているような場合は経費とは認められません。


給与所得者であるなら、経費の実額は関係ありません。(かなりの例外を除いて)
つまり、レシートを取っておいたりすることは無意味です。領収書ちょうだい!というのは、会社の経費にまわそうとするサラリーマンか、個人事業主のセリフなのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

編集あり2008/9/2711:20:13

y2a2m2a2d2a2さん
白色の65万円の必要経費という法的根拠を教えてください。
所得税法の第何条ですか?それとも租税特別措置法?


補足の回答
給与所得は給与所得控除という必要経費に代わるものがありますので原則として必要経費は認められません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm
「特定支出控除」という実額計算の道もあることはあるのですが、適用者が毎年全国で数人しかいないという特殊なものです。
まして、クレジットカードの年会費はその対象外です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

y2a2m2a2d2a2さん

2008/9/2123:04:10

白色は65万という経費が最初に認められています。
あなたの会社員であるための経費が65万を超えていればその旨、全部領収書を出して税務署で申告どうぞ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する