ここから本文です

解決済みのQ&A

仮想メモリを増やすことの、長所、短所はなにですか。増やすとしたら、どの程度が...

sobo_na_hitoさん

仮想メモリを増やすことの、長所、短所はなにですか。増やすとしたら、どの程度がいいでしょうか。

また、C:, D: 両方で仮想メモリを設定しても問題はないですか。

  • 質問日時:
    2008/11/21 14:27:37
  • 解決日時:
    2008/11/21 23:17:25
  • 閲覧数:
    2,227
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

spaidaisakusenさん

長所:
搭載しているRAMより多くのメモリを必要とするアプリケーションなどを起動させたときに、
アプリケーションが強制終了されず、一時的にHDDの空きスペースを利用して仮想的にメモリを増やすことができます。
昔は、メモリというのは高価だったため、このようなページングファイルという技術が開発され、高価なRAMを増強しなくても、一時的にメモリ領域を増やせるように配慮された技術です。

短所:
仮想メモリを利用すると、ものすごく動作が遅くなります。マルチタスクで(複数のアプリケーションを起動)利用するときなど特に不便になると思います。
精神的にもかなりイライラします。
特にGUIの発達したWindowsなんかは、OS自体でかなりのメモリを消費していますので、元々の搭載メモリが少ないと、動画の変換作業とか多くのメモリを消費する作業をしたとき、すぐに仮想メモリに到達してしまう場合があります。
最悪、仮想メモリ領域もオーバーしてフリーズ&強制終了になり、今までやった作業がすべて失われる恐れがあります。

仮想メモリを増やすとしたら、RAMの1.5倍〜3倍程度が目安です。
「仮想メモリ 設定」などと検索すれば結構ヒントが出てきます。

アプリケーション使用時のメモリ状態を確認するには、アプリケーションを起動させている状態で「ctrl+Alt+delete」を押してタスクマネージャのプロセスを見ればわかります。

また、仮想メモリはCとDなど、複数のドライブに設定できますが、使用できるのはいずれか1つのドライブだけだったような気がします。
内部のハードディスクじゃなくても、外付けHDDにも設定可能ですが、PC起動時にBIOSでそのドライブを読み込むようにしないとダメなはずです。

質問した人からのお礼

  • 感謝皆様。ありがとうございました。愚昧なる根本的誤解の、氷解のきっかけとなる、名答でございました。ありがとうございます。。
  • コメント日時:2008/11/21 23:17:25

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

guaroonさん

長所:少ないメモリでも動作可能
短所:動作が遅くなる

アプリが普通に動いているなら、増やす必要はありません。
増やしなさいと指示があった時に、倍づつ増やしてみましょう。

仮想メモリを使わないでメモリを増量するのが最も良い方法です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する