ここから本文です

路床のプルフローリングの許容範囲はどれくらいなのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

pkrwm514さん

2009/3/319:48:02

路床のプルフローリングの許容範囲はどれくらいなのでしょうか?

閲覧数:
26,819
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/3/416:44:10

判定基準
たわみがないこと。
はっきり言って基準は曖昧?です。



1.プルフローリング(舗装試験法便覧)
仕上がり後の路床,路盤の表面の浮上りや緩みを十分に締固め,かつ不良箇所を発見する目的で,施工時に用いた転圧機械と同等以上の締固め効果を有するタイヤローラーやトラックを走行させる試験がある。

試験器具
追加転圧用の荷重車は,タイヤローラー(複輪荷重25tonf[245KN]),タイヤ空気圧7kgf/(636kPa)を使用する。
たわみ測定用の荷重車は,トラック(複輪荷重5tonf[49KN]),タイヤ空気圧7kgf/(636kPa)のシングルを使用する。

測定方法
1)路床の場合
追加転圧として,追加転圧用の荷重車により3回以上転圧し,たわみ測定用の荷重車を全面走行させて,たわみを観察する。
2)粒状路盤の場合
追加転圧として,追加転圧用の荷重車により3回以上転圧し,観察により不良箇所を確認する。

注意事項
試験を行うに際しては,荷重車を走行させる前に路床,路盤面の含水状況を観察して,できるだけ一様な含水比の路床,路盤面でおこなえるようにし,降雨直後の含水比が高い状況にある路床,路盤面での試験は避ける。
また,乾燥している路面,路盤面に対しては,試験開始の半日程度前に散水して,路床,路盤面を湿潤な状態にしておいて試験を行う。
試験は,仕上がった路床・路盤面に荷重車を人間の歩く程度の速度で走行させ,荷重車の2~3m後方または斜め後方から,目視により路床・路盤面の変位状況を観察する。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する