ここから本文です

解決済みのQ&A

自己導尿について疑問があります。

zyaku3seyさん

自己導尿について疑問があります。

私は看護学生です。
今、子宮がんについて自己学習しています。そこで術後の排尿障害について疑問があります。

以前、学校で留置カテーテルの演習をした時は「必ず無菌操作で」と教わったのですが、
自己導尿の場合は無菌操作でなくても良いんですよね?
その場合、尿路感染の恐れはないのでしょうか?
自分で調べてみたところ、「間欠導尿での細菌尿のリスクは尿道留置カテーテルの50%以下との報告がある」
ということがわかったのですが、50%以下であって0%ではないですよね。
それで大丈夫なのでしょうか??

  • 質問日時:
    2009/3/6 22:23:35
  • 解決日時:
    2009/3/7 22:33:30
  • 閲覧数:
    3,262
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

mc_kohamarさん

尿道カテーテルを持続的に留置していないだけでまず尿路感染のリスクは減りますが、他にも、非無菌的操作でも(定期的な導尿で)膀胱内圧を上昇させたり過伸展を起こさせないようにすれば、尿路感染症のリスクは低下するのだと物の書にはありました。
基本はもちろん無菌操作ですが、患者さんやその家族が自己導尿をするのに、果たして無菌操作は可能でしょうか?セッシを使ってやったり、毎日カテーテルを滅菌したりなんて、現実的に難しいと思います。ですので実際は、清潔操作での手技を指導し、行っていると思います。
「無菌操作でなくてもよい」ではなく、「清潔操作で行う」という事なんですが、感染の可能性は0ではないけど、上のような理由からリスクは低く、出来るだけの実現可能な清潔操作で行っているので、感染の可能性は低いという事なんだと思います。
実際に看護師がやっている事が無菌操作なのかというと、クリーンルームにでも入らなければ厳密な無菌にはなりませんし、皮膚や粘膜の消毒も「消毒」であって「滅菌」ではありません。本当の無菌操作とはそれくらいの意味合いなので、学校で習った無菌操作も「滅菌物の滅菌状態を保った清潔操作」と言いかえると分かりやすいかもしれませんね。なので、看護師がやっている事も、厳密な無菌操作ではなく滅菌を保った清潔操作をしているだけで、感染の可能性が0かといえばそうでもないのです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2009/3/7 01:24:13
  • 回答日時:2009/3/7 01:16:46

質問した人からのお礼

  • 降参回答ありがとうございます。
    確かにカテーテルを挿入する前に行う陰部消毒も消毒であって、滅菌ではないですもんね。
    無菌操作をとても難しく考えすぎてました(・u・;)
    わかりやすく教えていただいて感謝です★
  • コメント日時:2009/3/7 22:33:30

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する