ここから本文です

ブラックホールはどうやってできるのですか? また、ブラックホールのことを詳し...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

yuya_pc_0307さん

2009/3/1519:52:09

ブラックホールはどうやってできるのですか?
また、ブラックホールのことを詳しく教えて下さい。

補足また、2つのブラックホールが出会うとどうなるのでしょう?

閲覧数:
797
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tnod3さん

編集あり2009/3/1521:04:40

>ブラックホールはどうやってできるのですか?
一般的には太陽の数十倍質量の恒星の末期の姿です。

太陽の8倍以上の恒星は早い段階で主系列星を脱し、中心核で核融合する元素も水素→ヘリウム→炭素・酸素→ネオン・マグネシウム→珪素→鉄と変化させていきます。
種族も青色巨星→赤色超巨星となりますが、鉄元素は最も安定している元素であることから、中心核が鉄元素で満たされてしまうと、鉄元素を核融合することができません。

それでも恒星の中心核は鉄元素を核融合させようとして、内部圧を高めるために、重力収縮をさせます。
極端に重力収縮し、内部縮退圧により中心核の温度が100億K前後になると、鉄元素が中性子とヘリウムに分解されてしまいます。
その後中心核は極めてコンパクトで重い中性子星となり、中心核が極度に重力収縮をした反動が外層部に大きな衝撃として伝わり、Ⅱ型(重力崩壊型)超新星を起こします。

これが太陽の数十倍もの質量を誇る恒星になると、中心核の重力収縮が止まらなくなり、終には中心核自体のシュバルツシルト半径を下回りブラックホールへと変化していきます。

今日までの学説では、中心核の質量が太陽の3.2倍を上回った場合、ブラックホールになる可能性が極端に高くなると考えられています。

>また、ブラックホールのことを詳しく教えて下さい。
詳細を書くには2000文字は厳しすぎます。
紹介程度に簡単に・・・。
今日までの観測上、ブラックホールと認定されている天体は多数あります。
しかしながら、それはあくまで観測上のものであって、実際の構造云々については観測できないことから推測の域を抜けていません。
有名どころであれば、
はくちょう座Xー1は11倍太陽質量、
銀河系中心部にある大質量ブラックホール(いて座A*)は400万太陽質量、
M87銀河中心部にある大質量ブラックホール(おとめ座A)は30億倍太陽質量、
35億光年彼方の活動銀河核にあるOJ 287は180億太陽質量のブラックホールと1億太陽質量のブラックホールの連星系で、伴星は主星を12年周期で長楕円軌道を持って公転しており、近日点(語弊は見逃してください)に差し掛かる際と遠ざかる際に1公転につき2回、主星の降着円盤を突き破り大規模なガンマ線バーストを起こしているようです。
この2つは何れひとつのブラックホールになると考えられています。

>また、2つのブラックホールが出会うとどうなるのでしょう?
前述にも記載しましたが、相互が振りほどけないような重力関係を築いてしまった場合、最終的にはひとつのブラックホールになると考えられています。
その際に生じる猛烈な重力波により、総質量の何割かを放出するようです。
また、非常に大きなガンマ線バーストを起こすことも考えられます。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20101983,00.htm

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

harrarhettarさん

編集あり2009/3/2118:37:55

簡単に言うと時空が破れてしまっているところです。時空をゴムの膜にたとえると、テニスボール(太陽など)をゴム膜(時空)の上に乗せてもゴム膜は破れませんが鉛球(ブラックホール)を乗せると破れてしまいます。

ブラックホールは天体がシュワルツシルト半径(その領域から脱出するのに光速以上の速度が必要になる半径)以下に縮んでしまった天体です。巨大な星が核融合を終えたとき星の表面が中心に向かって落ち込みます。その星の質量が太陽の3倍程度なら、あるとき反発に転じ、星の外層は吹き飛ばされ、中心には中性子だけでできた中性子星が残ります。質量が大きい星の場合、星は無限につぶれ続け、ブラックホールとなります。銀河の中心にあるような巨大ブラックホールや宇宙の初期にできたとされる数ミクロンの極小ブラックホールなどがあります。

ブラックホールの中に入るとその重力で素粒子レベルにまで分解されてしまいます。

ブラックホールの中心には特異点と呼ばれる時空の破れたところがあり、回転していないブラックホールだと点ですが、回転しているブラックホールだと、リング状になっていて特異点の向こうにいけます。

また、回転しているブラックホールの周囲にはエルゴ領域という時空が光速以上で回転している領域があります。将来的にはこのエルゴ領域に廃棄物を投げ込み、中で分離させると、片方がブラックホールのエネルギーをもらって飛び出すことを利用した発電方法が考えられています。これで、同じ質量の物体から核融合の10倍のエネルギーが取り出せます。

ブラックホールは衝突すると融合し、さらに大きなブラックホールになります。たとえば銀河系とアンドロメダ銀河は将来合体し、中心部のブラックホールも融合すると考えられます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2009/3/2108:20:40

簡単にいえば、太陽みたいな大きな星が終わる時にできるのが説です

ブラックホールは超重力だと考えてください。
吸い込まれてしまいますよね

吸い込まれたらどうなるのか?
消えることはありません、正確には縮みます。
カップラーメンを真空状態ってみたことありませんか?
あんな状態です。当然、少し小さくなるみたいな生温い縮み方ではなく、顕微鏡でも見えなくなるくらい小さくなります

2つのブラックホールが出会うと合体します



ちなみに地球を18mmに縮めるとブラックホールができるみたいですね。

答えになったでしょうか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する