ここから本文です

500枚!!英文法について。have+過去形/過去分詞が理解できないのですが・・・

elzamiragrosさん

2009/5/1721:55:20

500枚!!英文法について。have+過去形/過去分詞が理解できないのですが・・・

have(had)+過去形/過去分詞の使い方が、理解できません・・・

参考書よんでも、こんがらがってしまいます。

主な使い方と、できれば例文も載せていただけるとありがたいです。

一番分かりやすく説明してくださった方に、コイン500枚さしあげます。どうかよろしくおねがいします。

閲覧数:
65,345
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/5/1722:25:33

いわゆる
「現在完了形」「過去完了形」ですね。
完了形の本来の意味は、

have(has/had)+過去分詞
(過去形ではありませんから注意!)

という形にもあるように「~したことを持っている(いた)」という点にあります。
また、過去形との大きな違いは、
過去形は昔の一点の出来事しか指さないのに対し、完了形は昔の一点から今まで、あるいは過去の時点より昔の一点(大過去)から昔の一点までといった長い期間をさす事です。

①現在完了形
have(has)+過去分詞

【解説】
現在完了形は述べる内容が何らかの形で今とつながっていることを表します。
意味は3つあり、

(Ⅰ)完了
→I have already eaten breakfast.
「~した」「~してしまった」の意味。
過去形との違いは、それによって生まれた結果が何らかの形で今も残っていること。

(Ⅱ)経験
→I have been to Kyoto.
「~したことがある」の意味。
現在に至るまでの経験を表します。

(Ⅲ)継続
→I have stayed here for two years.
「ずっと~している」の意味。
例文だと、二年前からずっとここにいて、今もここにいるという意味を含んでいます。

②過去完了形
had+過去分詞

【解説】
過去完了形は過去の一点までにどうだったかを問題にしています。
意味は4つあり、

(Ⅰ)完了
→I had already eaten breakfast when my sister got up.
「~してしまっていた」の意味。

(Ⅱ)経験
→I had been to Kyoto before I visited it last year.
「~したことがあった」の意味。
過去の一点に至るまでの経験を表します。

(Ⅲ)継続
→He had been in the hospital for two years when I went there.
「ずっと~していた」の意味。
例文だと、彼は二年前からずっと入院していて、私がそこに行ったときも入院していた、という意味を含んでいます。

(Ⅳ)大過去
→I lost my watch yesterday.My mother had given it to me for my birthday.
過去の一点よりも以前に起こった事柄を表現する用法です。


少し長くなりましたがm(_ _)m
お役に立てれば幸いです。

質問した人からのコメント

2009/5/24 15:47:27

感謝 大変分かりやすかったです。他の回答者の皆様もありがとう

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

risumo0913さん

2009/5/2311:29:56

簡単に言います。
have+過去形・過去分詞は「経験」を意味します。

例えば、
①I have played TV games.
②I played TV games
この二つを比べて見ます。

②ですが、直訳すると
「私はゲームをやりました」と訳せます。
これは、過去に私がゲームをやっていたという『事実』を述べています。

それに対して①は
「私はテレビゲームをやったことがあります」と訳します。
この訳には「事実」に基づく『経験・体験』の意が含まれています。
このように考えるといいと思います。

そのように考えると、
「私は京都に行きました」

①のニュアンスで訳すと
I went to Kyoto(私は京都に行きました)
過去に行ったという事実になります。

②のニュアンスで訳すと
I have been to Kyoto(私は京都に行ったことがあります)
過去の事実に基づく経験になります。
(※have beenは「~へ行く」)

このように考えていただければいいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2009/5/2020:57:42

お勧めの本:
桐原書店 『総合英語 Forest』

(注)過去分詞のことを、以下『p.p』と表記する。
『have p.p』のことを、『現在完了形』といいます。『had p.p』になると『過去完了形』、『will have p.p』になれば『未来完了形』です。まず、現在完了の説明をします。

★★現在完了は
『現在を基準にして、現在とそれより前を繋げる』 ときに使います。
『現在の所に立って、過去のほうを向いている。』というイメージですかね。
用法・意味は、厳密に言えば4つありますが、そのうち『完了』と『結果』は密接に関係しているので、1つにまとめます。よって、
①継続
②経験
③完了・結果
の3つに分けて説明します。
★★①継続
⑴I have lived in Tokyo for ten years.(私は、10年間東京に住んでいます。)
現在完了形の『継続』は、
ある状態が『過去に始まって、今も続いている』ということを表します。訳し方は『(ずっと)~している』と訳せることが多いです。
上の例文なら、ただ単に『今、東京に住んでいる』と言っているのでも、ただ単に『10年前に東京に住み始めた』と言っているのでもなく、『10年前から住み始めて、今も住んでいる』→『10年間住んでいる』ということを言っています。
★⑵I lived Tokyo ten years ago.
⑶I live in Tokyo.
⑵は過去形、⑶は現在形ですが、現在完了との違いは分かりますか?
過去形は、『過去のある一点』のことだけを言っています。逆に言えば、『過去のこと』しか言っていません。現在のことは何も言っていないんです。ですから、⑵の文からは、今どこに住んでいるのか分かりません。
現在形は、それが『状態動詞』(後で説明します)の場合、『現在の状態』のことだけを言っています。いつから住み始めたとかは行っていません。
それに対して、現在完了形は、『過去』と『現在』をつなげてますから、『いつから住み始めて今はどうなんだ』とはっきり述べます。
★で、継続は、『過去から始まって今も・・・』と言いたいので、
『期間の長さ』を表す『for~(~間)』か、もしくは、『いつから始まったか』を表す『since(~以来、~から)』を普通はつけます。
⑷I have lived in Tokyo for three years.(私は、3年間東京に住んでいる。)
⑸I have lived in Tokyo since 1995.(私は、1995年からずっと東京に住んでいるす。)
★で、動詞は、『動作』を表す動詞(動作動詞)と、『状態』を表す動詞(状態動詞)の2つに分類されます。例えば、playや
have(食べる、飲む)なんかはもちろん動作ですが、live(住んでいる)、know、be動詞、like、have(持っている)というのは、状態を表しますよね。
ここで注意。『状態』を『継続』にしたいときは、上のように『have p.p』としますが、『動作』を継続したいときは、『have p.p』とはせず、進行形を組み合わせて『have been ~ing』とします。これを、『現在完了進行形』といいます。
⑹We have been playing baseball for two hours.(私達はここ2時間野球をしています。)
★また、since の後には、文も置けます。つまり、『since+S+V・・・』で『Sが・・・して以来』なんてのもできます。
⑺I have liked this song since Ken sang for me.(私は、健が歌ってくれて以来、この歌が好きだ。)
また、『どれくらいの間~していますか』の『How long have you...?』というようなのがよく使われます。
★★②経験
…文字数制限の関係で、↓この質問の、僕の回答(ベストアンサー)の、『②経験』のところを見てください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1325742478
★★③完了・結果
…こちらも同じく、↑の僕の回答の『③完了・結果』のところを見てください。

★★で、
過去完了と未来完了は、その『基準の時』がずれただけで、意味は一緒で、
『過去(未来)のある一時点での、継続/経験/完了・結果』です。
⑻I had never spoken to a foreigner before I entered college.(大学に入ったときまで、外国人と1度も話したことがなかった。)
→過去の『大学に入った』時点までの『経験』。
⑼These leaves will have turned red by next month.(来月までにはこれらの葉は赤くなっているだろう。)
→未来の『来月』という時点『まで(by~)』の『完了・結果』。

★ただし、過去完了のみ、ほかにはない『大過去』という用法があります。
⑽I realized that I had lost my key.(私は鍵をなくしたことに気づいた。)
realize(気付く)とlose(なくす:lostはその過去分詞)という2つの動詞があります。どう考えても、『気付いた』のより、『なくした』ののほうが先に起こった出来事ですね。なのに、この文では、『気付いた」のほうを先に書いています。こういうとき、先に起こったほう(『なくした』のほう)を過去完了形にします。これを『大過去』といいます。ただし、
I lost my key and I realized.のように、起こったとおりの順序に書くなら両方過去形でOK。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/5/1917:22:28

英語の「時制」について書いた文法書を見ること。お薦めは、講談社英和辞典の巻末についている解説。

現在形より1個前が「have+過去分詞」

それより、もう1段階昔のことを語る時に用いるのが「had+過去分詞」

この二つは、一つのセンテンスの中に混在するから、その時に使い方を間違えないように。

例えば、「私達、探検隊は昨日、北極点に到達したが、その数日前に大きなホッキョクグマに遭遇した。」

We, the expedition, have reached the north pole yesterday, and we had encountered a huge polar bear a few days ago.

「昨日、彼女は、そのビデオはおととい見たわと言った。]

Yesterday, she said (that) she had watched the video the day before yesterday.

他にも色々あるけど、一番重要な点はこれじゃないかな。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/5/1809:26:56

***現在完了形***
<その形>
have / has +過去分詞
have / has の使い分けは、一般動詞(持っている)と同じです。
過去分詞の中には、過去形と過去分詞形が同じものが有りますから、
この場合には、見かけ上「have+過去形」となりますが、
あくまでも、「have+過去分詞」です。
<その役割>
現在形と過去形が、その時点でどうであったかだけを表現し、
それ以前やそれ以後は表現できない「点の表現」であるのに対して、
現在完了形は、或る過去から現在までの「長い線」を表現できます。
例えば、
過去形 Tom went to Paris.は、
トムが或る過去にパリへ行ったことは表現できますが、
その後、そのまま居るのか、
帰ってきたのかは表現していない「点」の表現であるのに対して、
現在完了形 Tom has gone to Paris. は、
「トムはパリへ行ったままだ」と、
行ったという過去が現在まで影響している「長い線」を表現しています。
学習の最初に、まず「長い線」をイメージすると理解しやすいと思います。
<長い線>
この長い線を日本語では便宜的に、
・経験(~したことがある)
←過去の行動を、今も忘れないでいる。
・継続
←過去に始めた行動を、今も行っている。
・完了
←過去に始めた行動が、今終了した、
・結果
←過去に行った行動の結果が、今も続いている。
に分けて解釈していますが、この枠に収まらない表現もたくさん有ります。
この場合にも、「長い線」をイメージして、
これを的確に表現する日本語を探せば大丈夫です。
また、「伴う語句」が有れば、訳し分けの手掛かりになります。
・経験←before/ever/never/回数
・継続←期間
・完了←just/already
・結果←特に無い。
<理解>
下に、図なども使った分かり易い解説が有りますので、
理解の助けになると思います。
http://www.englishcafe.jp/english3rd/day56.html#1
<練習>
練習問題にたくさん取り組み、
理解度を確認し、理解を深めましょう。
http://morimine.sakura.ne.jp/J/
中3「現在完了」をクリック
→「基本問題」をクリック
→「開始」をクリック
→解答
→「送信」をクリック
→正解が表示されます。
・正解した
→パソコン画面左上の「戻る」で戻って、
「レベル1」をクリックから繰り返すと、次の問題が表示されます。
・不正解だった。
→パソコン画面左上の「戻る」で戻って、
「基本問題」をクリックすると、同じ問題が表示されますから、
正解するまで繰り返します。
同様にして、
基本問題→標準問題→発展問題と進みます。
正解率100%目指して、頑張って下さい。
***過去完了形***
<その形>
had +過去分詞
です。
<その役割>
過去完了形は、二つのことを表現します。
1.過去完了形
現在完了形は、「過去の或る時から現在までの長い線の表現」ですが、
これが、過去の方向に平行移動したのが過去完了形で、
「大過去(或る過去より前の過去)から過去までの長い線」を表現します。
She had been to America twice.
→彼女は(過去のある時点までに)2回アメリカに行ったことがあった。(経験)
I had lived in Japan for 10 years.
→.私は(過去のある時点まで)10年間ずっと日本に住んでいた。(継続)
He had come to my home.
→彼は(過去のある時点までに)私の家に来ていた。(完了)
He had gone to Paris.
→彼は(過去のある時点まで)パリに行ったままだった。(結果)
2.大過去形
或る過去より以前の過去を表す記号として、
「had +過去分詞」 が用いられます。
I [ lost: 1 ] the book that a friend of mine [ had given:2 ] me.
→私は友達が[くれた:2]本を[なくした:1]
2が、1の過去より以前の過去であることを、「had +過去分詞」 で表現しています。
下が参考になると思いますのでご覧下さい。
15-2→15-2-2,15-2-3と進んでください。
http://www.eibunpou.net/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/5/1722:56:14

ずばりいってしまうと、マーク・ピーターセンさんの「日本人の英語 (岩波新書)」を一読していただくのが一番いいです。

が、それだと身もふたも無いので、できるだけ短く解説してみます。
英語は、時間に関してかなーり厳密に定義したがる言語です。
(今、かなり疲れてるので、綴り間違いがあるかも・・すいません・・・)

I will eat some apples.
I ate an apple.

これらは、すべてある一点の時点を指し示しています。
「I will」だったら、時間はわからないけれども、たとえば明日の12時12分とか、
とにかく、ある一瞬にリンゴを食べるだろう、といっているわけです。
過去形だったら、2時間前とか、3時間23分12秒前とか、ある一瞬にリンゴを食べた、といっています。

I eat apples.
現在形だと、これは習慣的に、リンゴを食べるよ、と言っています。
現在形、というのは今現在というよりも、「リンゴは食べるよ」と、現在ただいまの自分が、リンゴを食べる
という習慣を持っている・・・というような現在の状態を表すことが多いです。

I am eating an apple.
だと、ただいま現在、リンゴを食べてます。文字通り、現在に進行している出来事を指し示しています。

上記の例は、すべて、点・時点を示している、と考えて置いてください。

で、I have eaten an apple.
と来ると、これは、時間の幅をもった状態を指し示します。
つまり、I have eaten an apple so I am not so hungry.
たったいまリンゴを食べたから、今はあんまりおなかがすいていない・・・。
過去のある1時点で起こった・行った出来事が、今現在にも影響を及ぼしている
状態を指します。

これを、現在完了形といいます。でもって、現在完了形の「現在」
という言葉に惑わされて、今すぐ起こったことにしか使えない、と勘違いすることがあるのですが、
たとえば、
I have been married for 30 years.
と言うと、30年前のある1時点に結婚して、その結婚状態が今までつづいている、ということを
示しているわけです。

I had eaten an apple so I was not hungry.
という場合は、単純に、
「私が空腹でない時点」よりもちょっと前にリンゴを食べた、その効果が、空腹でない時点に
影響を及ぼして空腹でないのだ、という意味になります。(ちょっとくどいですが、強調するために・・・)


つまり、have/hadは、幅のある時間領域を指し占めている・・わけです。

ただ、もっと詳しくわかりやすい説明は、ぜひ、マーク・ピーターセンさんの「日本人の英語 (岩波新書)」
を読んでください。一番解りやすいです。買わなくても、どの図書館にもあると思います。
ただ、読むとかなり手元に置いておきたくなると思うので、買った方がいいかも。。。とは
思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する