ここから本文です

解決済みのQ&A

子供に大ウケのゲラゲラ笑える絵本を教えてください。

kinnikuunagiさん

子供に大ウケのゲラゲラ笑える絵本を教えてください。

ネットで調べて下記の絵本を見つけました(まだ読んでませんが)。
他に笑えるオススメの絵本はありませんか?
ウケるなら、うんこ・おなら話でもいいです。

『ねえ、どれがいい?』
『おなら犬ウォルター』

補足
質問締切までに読んだ本の感想
『ねえどれがいい?』子供と対話しながら
『おなら犬ウォルター』翻訳で面白味を失っている?
『ぼちぼちいこか』単純で面白い
『エパミナンダス』大きい子向け読み聞かせ
『じごくのそうべえ』テンポよく分かり易い
『よるのようちえん』夢に出てきそう
『ふしぎなナイフ』子供が1人で眺める本
『ねぎぼうずあさたろう その1』1巻だけでは面白くない
  • 質問日時:
    2009/5/18 17:12:06
  • 解決日時:
    2009/5/25 01:01:20
  • 閲覧数:
    7,157
    回答数:
    14
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

kasumitooboroさん

対象年齢はどのくらいなのでしょうか?
私は小学1年生の読み聞かせをしているのですが、その中で読んだ本でウケたものは以下の通り。

『うえきばちです』川端 誠著
酷くくだらないダジャレ(?)なのですが、この著者の場合は、絵のインパクトがもの凄いのです。
芽が出て、葉が出て、花が咲いて…というあさがおなどの成長過程を学校で学んだ子供達なら大丈夫。
1ページめくる度に大爆笑ものです。

『うんちしたのはだれよ!』ヴェルナー ホルツヴァルト著
頭の上にうんちされたもぐらさんが、うんちした犯人を捜すお話。
頭の上にうんちを乗せながら、聞き込みを進めるもぐらさんの台詞は「うんち」を強調して読んであげるとウケます。
でもしっかり、さまざまな動物のうんちにはそれぞれ特徴があるということが、ちゃんと書かれている本なのです。

『ごちゃまぜカメレオン』エリック・カール著
この作者の絵の大胆さは、ホントに魅力的。
ですから、動物園のさまざまな動物に憧れて姿をどんどん変化させていくカメレオンの姿に、子供達の目は釘付け。
ページをめくる度に爆笑とツッコミがわき起こり、グッグッと聞き手の心を掴んでいくような気さえします。

また、『ねぇ、どれがいい?』の様な、聞き手の参加を仰ぐ本でしたら『かずあそびウラパン・オコサ』という本も楽しいですよ。
「1つ」を「ウラパン」、「2つ」を「オコサ」。ですから、「3つ」は「ウラパン・オコサ」と数えるのですが、こういう数遊びはゲーム感覚で、楽しい時間が持てると思います。

質問した人からのお礼

  • 抱きしめる補足の続き
    『まんじゅうこわい』『じゅげむ』他の落語絵本シリーズより分かり易い
    『おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ』かわいい
    『11ぴきのねこ』シリーズで読みたい
    『うんちしたのはだれよ』意外に勉強になる
    『ごちゃまぜカメレオン』子供目線の絵柄。うちの子の一押し
    『ウラパン・オコサ』幼児向け算数

    他の本も今後図書館で取り寄せます。字数制限のため感想沢山書けませんが、皆面白かったです。
  • コメント日時:2009/5/25 01:01:20

グレード

ベストアンサー以外の回答

(13件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

okaasan0123さん

『ゴムあたまポンたろう』
頭がスーパーボールみたいなんですかね?すごく弾む頭のポンたろうが頭をぶつけていろんな所に飛んで行きます。
うちの子たちは大うけでした。

hanahanabzさん

長谷川 義史さんの 「おじいちゃんのおじいいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」

これは幼稚園でも小学校でも読み聞かせに使いましたが、大ウケでした。
主人公の「ぼく」がおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんの・・・に会いに行くのですが
一字一句読むのが難しく、それが子供にとって面白いみたいです。

長谷川 義史さんの絵本はユーモアがあって絶対オススメです。

marronfutureさん

絵本というより児童文学ですが、「かいけつゾロリ」シリーズがお薦めですよ。
絵もストーリーも面白く、途中に迷路などのコーナーもあります。

rinchandesu76さん

内田 麟太郎さんのシリーズ本で、
「ともだちひきとりや」
「ありがとうともだち」がおすすめです。

子供と一緒に、親も大笑いしながら読める本です^^
とにかく、絵がサイコーです。
登場人物(動物ですが^^;)の動きや表情がサイコーに面白い!
ゲラゲラ笑いながら読めて、最後はさわやかな感動があります。
シリーズは全作読みましたが、どれも面白いですよ。
笑えるおすすめはこの2つです。

「おおかみさん」に注目しながら、是非読んでみて下さい。

「ともだちやシリーズ」 http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=30
「ともだちひきとりや」 http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1595
「ありがとうともだち」 http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=4035

arigato3mamaさん

よるのようちえん 福音館書店 文・谷川俊太郎 絵。写真 中辻悦子
よるのようちんに出る ようせいなのか? おばけなのか?

ふしぎなナイフ 福音館書店 作・林建造 絵・福田隆義
単純にナイフが延びたり、縮んだり、切れたりと変化するだけなのですが、なぜか子供たちに大受けです。

くろねずみ小太郎日記(シリーズ) くれよんハウス 作飯野和好
ねぎぼうずあさたろう(シリーズ) 福音館 作飯野和好
飯野さんの作品は、どれもこどもたちがとっても大好きです。
手放しに笑えます。

落語絵本 まんじゅうこわい じゅげむ ばけものつかい (シリーズ) クレヨンハウス 川端誠
さすが、落語なので子供もむちゅうです。我が家の子供たちは、それぞれがお気に入りを自分のにしてます。

おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ ぽぷら社 作わかやまけん
ほたるの季節になると今でも、読んでと言って持ってきます。

11ぴきのねこ(シリーズ) こぐま社 馬場のぼる
このシリーズもどれも子供たちが大好きです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2009/5/19 02:57:32
  • 回答日時:2009/5/19 02:55:54

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する