ここから本文です

解決済みのQ&A

精神病院、精神科、ドラッグの出てくる小説を教えて下さい。 人間失格、クワイエ...

abekawa_aさん

精神病院、精神科、ドラッグの出てくる小説を教えて下さい。

人間失格、クワイエットルームにようこそ、ノルウェイの森、蛇にピアス、水谷先生関連
限りなく透明近いブルーは読みました。

それ以外で教えて下さい。お願いします。

  • 質問日時:
    2009/5/25 15:59:23
  • 解決日時:
    2009/5/28 23:48:34
  • 閲覧数:
    1,275
    回答数:
    7
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

handsamv9さん

お亡くなりになった中島らもさんの著作をお薦めします。

代表作ともなった「今夜、すべてのバーで」はアル中病棟の話。

「バンド・オブ・ザ・ナイト」は薬物中毒の人物の一人称主観がリズムのような
反復文章で延々と描かれる実験作(体調が良くないと辛いです)。

それ以外にも、らもさんの短編、エッセイには良く出てきます。お試しあれ。

質問した人からのお礼

  • みなさまありがとうございました。全て調べてみようと思います。中島らもさんは興味があったのでこの機会に是非読んでみようと思います。
  • コメント日時:2009/5/28 23:48:34

グレード

ベストアンサー以外の回答

(6件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

lmasyumaroさん

『楡家の人々』北杜夫 精神病院の話

『カッコウの巣の上で』 (映画だけれど原作本あり)
『レナードの朝』 (原作本は微妙だけど、ドーパミン扱う病気の話で有名)

ダニエル・キイスの書く多重人格者の本
などどうでしょう。

mitsu63817さん

ドラッグといえば,SFですがP・K・ディックの作品はどうでしょう?
「暗闇のスキャナー」(改定版のタイトルは「スキャナー・ダークリー」だったかな?)
「ヴァリス」
「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」

あとはウィリアム・S・バロウズの「裸のランチ」とか。

どちらも作家自身がバリバリの薬物中毒者です。

他に「精神病院」「ドラッグ」とくれば(作品には精神病院もドラッグも出てきませんが),アンナ・カヴァンという作家がいます。鬱病で,なおかつヘロイン中毒の女流作家です。ODでなくなりました。

seidoku_udoku_dokusyoさん

天使の牙、無間人形(大沢有昌)

イン・ザ・プール、空中ブランコ、町長選挙(奥田英朗)

症例A(多島斗志之)

永遠の仔(天童荒太)

非国民(森巣博)

ばっと思いついたのはこの位です。

kinnnokonekononnkiさん

「ベロニカは死ぬことにした」はどうでしょう。題名通り、死ぬことにしたベロニカが精神病院で目覚め、他の患者たちと少しずつ交流していきます。新潮や角川で文庫化されているはずです。

gallop3104akgさん

奥田英朗さんの「イン・ザ・プール」はどうでしょうか?
周りには言えない悩みを解消する為におかしな精神科医の元を訪れる患者さんのお話です。
面白い上自分の為にもなるし心癒される話ですよ。
これはシリーズもので、他に「空中ブランコ」と「町長選挙」という小説があります。良ければ読んでみてください!

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2009/5/25 19:08:13

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する