ここから本文です

解決済みのQ&A

ムサシインテック社製のIP-R2000について教えて下さい!!

gogo2009kingyomaniaさん

ムサシインテック社製のIP-R2000について教えて下さい!!

ムサシインテック社製のIP-R2000という試験器でPASの試験(方向性の継電器)

をする際に、kt端子にアースサイド(黒線)、lt端子に赤線をつなぐと習ったの

ですが逆向きに電流をながしてると思うのですが、逆につなぐ理由が分かる方

いらしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2009/6/21 20:06:01
  • 解決日時:
    2009/7/6 03:17:45
  • 閲覧数:
    1,484
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

fishing_burster_sannjyouさん

位相特性試験をするためです。

過電流要素試験後に方向要素の試験をします。
電圧-電流特性試験後に行う試験です。

故障回線と健全回線の電流の向きは反対です。
線路の対地容量をとおして流れる電流は、母線に向かって流れます。

と、言うことは、通常と反対向きの電流です。
①故障回線は、出て行く電流の方が多い。(地絡したため地面を通じて電気回路が構成されるから)
②健全回線は、戻ってくる電流の方が多い。(対地容量をとおして電気回路が構成されるから)

つまり、ZCTで検出される電流は反対向きです。

位相試験で動作領域の試験をしますが、これを逆に見ると、
不動作領域の試験です。

反対向きに電流を印加する為には、反対につなげば良い。
ただし、注意が必要です。

kt端子にアースサイド(黒線)、lt端子に赤線をつなぐ
と覚えてしまうと、そのうち失敗をします。

必ず、継電器の正規の接続方法を図面で調べてから試験をしてください。
古いタイプ(どこのやつか忘れた。)では、逆のものがある。


追記
しかし、えー試験器使っとるなー
わしんとこのは、位相メーターがあるアナログ式です。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する