ここから本文です

解決済みのQ&A

excel t検定の見方を教えてください。まったくの初心者です。ごめんなさい。2集団...

yama21255さん

excel t検定の見方を教えてください。まったくの初心者です。ごめんなさい。2集団に5段階評価のアンケートをした結果です。どの質問のt検定も一番下の値が1.97になるのですがなぜなのでしょうか?

たとえば、このようになりました。
t-検定 : 分散が等しくないと仮定した2標本による検定

変数 1 変数 2
平均 4.172839506 4.069444444
分散 0.494753086 0.769757433
観測数 81 72
仮説平均との差異 0
自由度 136
t 0.797730679
P(T<=t) 片側 0.213208727
t 境界値 片側 1.656134989
P(T<=t) 両側 0.426417455
t 境界値 両側 1.977560747
別の質問に対しては
変数 1 変数 2
平均 4 4
分散 0.685714286 0.666666667
観測数 71 70
仮説平均との差異 0
自由度 139
t 0
P(T<=t) 片側 0.5
t 境界値 片側 1.655889868
P(T<=t) 両側 1
t 境界値 両側 1.977177694
となりました。
P(T<=t) 両側 1 とt 境界値 両側 1.977177694で判断すると、有意差はないということでしょうか?

  • 質問日時:
    2009/7/17 14:10:41
  • 解決日時:
    2009/8/1 03:14:09
  • 閲覧数:
    13,070
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ymst_rintaさん

「t境界値」とあるのは、計算されたtの値がそれを超えたら有意とする値のことです。すなわち、有意水準が同じなら境界値も同じになります。

「P(T<=t) 両側 1」は計算されたP値、「t 境界値 両側 1.977177694」は計算されたt値と比較するための棄却限界値なので、この二つを見比べるのではありません。P値はそのままP値です。t境界値は計算されたt (自由度の下に書いてあります)と比較します。

上側の検定はt=0.797730679、棄却限界値より小さくなっており、P値は片側P値が0.2132..., 両側P値が0.4264...となっています。
下側の検定は2つの集団で平均が等しく4と4になっているので、t=0、P値は片側P値が0.5、両側P値が1となっています。

有意水準20%や、ましてや片側50%の検定は絶対しないので、二つとも有意ではないというのが答えでしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する