ここから本文です

CPU使用率、ランダムアクセスメモリ(RAM)って何ですか?

izuzirouさん

2009/7/2623:20:49

CPU使用率、ランダムアクセスメモリ(RAM)って何ですか?

PCの用語だと思うのですがよくわかりません。

ランダムアクセスメモリ(RAM)が多いとPCが重くなったりするんですか?



PC初心者です。よろしくお願いします。

補足RAMを増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

閲覧数:
25,120
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

グレード

カテゴリマスター

a123acngさん

編集あり2009/7/2708:42:36

プリンタの修理屋です。

一緒扱える言葉ではないという事を知っておいてください。

まず、CPUの使用率ですけど、これはパソコンにどのくらいの不可がかかっているかを表している、そのように漠然ととらえてもらって結構です。
ここ半年くらいで、それを気にする人が非常に多くなった気がしますけれど、能力の限りがあるPCにどのくらいの負荷をかけているかの目安と考えるべきで、それ自体を上げたり下げたりできるようなものではありません。

何のソフトも立ち上げていないのに、使用率が高くなっているようでしたら、知らない間にプログラムをインストールされて、勝手に動いていると言う可能性があります。ウイルスとかスパイウェアなどの類が侵入したと考えてよいでしょう。


RAMに関して、実は2つの側面があります。
一般的にRAMの反対語はROMでよいはずで、RAMは「ランダム・アクセス・メモリ」、ROMは「リード・オンリー・メモリ」の頭文字となっています。
日本語に訳するときはRAMは「書き換え可能な記憶媒体」、ROMは「読取専用の記憶媒体」という訳し方が普通ですね。

ただ、よく読めば判るのですけど、「ランダム・アクセス」は「書き換え可能」という意味ではありません。
コレにはコンピューターの歴史の問題もあります。

コンピューターの外部記憶装置は初期にはテープが使われました。大型コンピューターではオープンリール、パソコンではカセットテープが使われました。
テープでデーターを呼び出す場合、テープを頭まで巻き戻して読み取りはじめ、いらないデーターは読み捨てて、目的のデーターを呼び出します。非常に時間がかかる作業でした。
書き込む場合は、一度すべてのデーターを呼び出して、メモリ上で加工し、テープを頭まで戻し記録(録音)していくと言う作業でした。

たくさんのデーターを扱うときは呼び出しなどに非常に時間がかかり、必ずテープの頭のデーターから読み込んでいくという作業になり、こういった記憶装置を「シーケンシャル・アクセス・メモリ」(メモリは記憶装置という意味)等といいました。
それに対して、フロッピーディスクは、円盤の上に同心円状にデーターを書き込んでいますので、ディスクは1回転すれば、ディスク上のどこのデーターでも読めるわけです。
好きなところを読みにいけるという意味で「ランダム・アクセス・メモリ」という言葉が生まれました。


半導体などを使ったメモリも、番地を指定するといらない作業をしなくてもデーターの読み書きが可能ですので、RAMに分類されました。
ところが、フロッピーはFD、ハードディスクはHDD、と呼ぶ必要性があったため、半導体の記憶媒体をRAM(もしくは単にメモリ)と呼ぶようになったわけです。


パソコンのメインメモリをRAMと呼ぶのも日常の事で、パソコンのメインメモリは俗に作業をする机として説明されます。
RAMが大きくなれば、普通はPCの動作は軽くなるはずです。




追記 : メモリボードを大きいものに交換する、増設が出来る構造であれば追加する、基本的にはその二択です。
RAMを増やすと言うのは、ソフトでどうにかすると言うのではなく、ハードを改造すると言う意味で捉えて結構です。

質問した人からのコメント

2009/7/27 09:34:52

降参 よくわかりました。詳しく教えていただいてどうもありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

komutai_tkさん

編集あり2009/7/2702:33:54

CPUは、パソコンで情報を処理する部品、
メインメモリは、処理される情報を記録する部品です。
パソコンのメインメモリにはRAMが利用されています。

CPUの使用率が高いと言うことは、
パソコンが全力で処理を行っていることを意味します。
逆に言えば、その処理を行うには、
そのCPUでは性能が不足しているとも言えます。
(ただ、CPUをフル稼働させる処理は結構頻繁に行われるので、
使用率が100%になっても、即性能不足だとは言い切れません。)

RAMが少ないと、ソフトやデータ(書類や画像等)を
充分記録しておくことができないので、
処理速度の低下を招きます。
RAMの使用率が高い場合には、
RAMを増やした方が、処理速度が向上します。
(十分に増やす必要があります。)

---

メモリーは電気店などで市販されており、パソコン内の基板に指して使用します。
基板にはメモリーを差し込む箇所(スロット)があり、規定の範囲であれば差し込むメモリーの枚数を増やす(増設する)ことが可能です。
差し込めるメモリーの種類や枚数はパソコンごとに異なるので、詳しくはパソコンのメーカーと型番を細かく控えて電気店で確認してください。
増設作業は初心者でも行えますし、通常は自分で行いますが、代行して増設を行ってくれる電気店などもあるので、心配でしたらお願いしてみてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

maryandgaliyさん

2009/7/2623:32:29

CPU使用率
一般的にCPUを~%使用しているかを表す。
RAM : Random Access Memory
物理メモリということもある。
RAMが多いと、ちょっとだけ幸せになれます。(個人差があります)
http://e-words.jp/w/RAM.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/Random_Access_Memory

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する