ここから本文です

MOS検定と日商PCの違い

ysk771982さん

2009/10/401:37:09

MOS検定と日商PCの違い

この資格の違いが詳しく知りたいので教えてください。話に聞くと出題が違うと聞きます。後学校でスペシャリストコースとエキスパートコースがありますがエキスパートの資格もあるのでしょうか?

閲覧数:
6,537
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

知恵袋マスター

2009/10/402:07:34

まずMOS(Microsoft Office Specialist)のことです。
WordとExcelのみはスペシャリストレベルとエキスパートレベルの2種類があります。PowerPointのやAccess、Outlookにはそのようなレベルはありません。

WordやExcelの場合、スペシャリストレベルとエキスパートレベルの試験範囲には全く重なりがありません。
基本的なことはすべてスペシャリストレベルで出題され、エキスパートレベルはスペシャリストレベルを習得している人が学習してこそ意味のある試験だと思います。
実務で必ず必要なことの殆どはスペシャリストレベルで問われ、エキスパートレベルの試験範囲には「さらに知っていれば実務で役に立つ」という機能ももちろん含まれていますが、中には「誰がどんなときにこんな機能を使うのだろう?」と思うような機能も含まれていますから。

日商PC検定にはスペシャリストとかエキスパートとかそのような呼び方はしません。Basic、3級、2級、1級と級があります。
よくある検定試験と同様に、3級の試験範囲にはBasicの内容をすべて含んでいます。ですから、3級に合格した人はBasicにも合格できると言うことができ、Basicから受けなくても3級から、いえ、自信があればいきなり2級から受けても問題ありません。


MOS試験は、完成に近いファイルがいきなり表示され、「このファイルに○○という編集を行え」というような問題が出て、それを解いて「次へ」というボタンをクリックするとまた殆ど完成に近い別のファイルが表示され問題が出題される…という感じで20近くのファイルに対してそれぞれ2,3の処理を行う…というような試験です。

採点されるのは操作方法で、例えば、「A1に入力されている文字をB1に移動しなさい」という問題でコピー→貼り付けして元のデータをDeleteしても誤答となります。(正解は切り取り→貼り付けです。)


これに対して日商PC検定は、指示の通りに1つまたは複数のファイルを完成させ、そのファイルのでき具合を採点されます。しっかりと自分の手でWord文書を作ったりExcelのデータを分析すると言う意味では実務に近い処理になります。
また、時間内にきちんとした結果が導き出せていれば、どのような手順(操作)でファイルを完成させたかは問われないと言う意味でも実務に似ているかと思います。
さらに、データ活用では、MOSのエキスパートレベルでしか問われない機能も3級で使わなければデータの分析ができないほど高度な処理を要求されます。

しかし、日商PC検定のテキストで学習していても様々な機能についての説明はない為、効率よく処理を行うと言う練習ができず、独学の場合、試験時間内に処理を終えることができないと言う人も少なくありません。


まず、MOSの学習をして様々な機能を覚えて、日商PC検定の学習にその機能を活用して効率のよい作業ができれば、本当の意味で理想的なのではないかと感じています。(試験を受けるかどうかは自由ですけどね)

質問した人からのコメント

2009/10/9 23:54:24

成功 参考になりました。ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する