ここから本文です

解決済みのQ&A

英語検定1級はTOEFLやTOEICでそれぞれ何点ぐらいに相当するのですか・・・

masamasatteamさん

英語検定1級はTOEFLやTOEICでそれぞれ何点ぐらいに相当するのですか・・・

  • 質問日時:
    2009/12/13 11:28:40
  • 解決日時:
    2009/12/15 10:07:16
  • 閲覧数:
    1,300
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

cold_10dcさん

1級の語彙や文章の難度、リスニングの難度、或いはスピーキングの内容、ライティングの内容、いずれも、TOEICをはるかに上回っております。TOEICでは比較不可能ですが、経験上は大体920~990くらいが目安でしょう。

1級に合格できるだけの力があればTOEICで950前後或いはそれ以上の正解率は誇れるでしょうが、TOEIC950を超えた人が1級に合格できるとは限りません。TOEICでほぼ全問正解する正確さ・スピードと、英検1級で文章題のあの長くて紛らわしい選択肢を26点中20点以上コンスタントに取るのとはやはり違いますし、TOEICのPart4よりも、英検の文章題、リアルライフの方がはるかに難しいです。

TOEFLに関しても、経験論でしかありませんが、概ね95~110くらいではないかと考えます。TOEFLのリーディングと英検のリーディングは似たものがありますが、設問の難度を考えるとTOEFLの方が簡単です。とは言え、やはりLもRもWも25以上になる程度の出来が無いと突破できません。スピーキングについては、TOEFL特有のクセがあるので多少低くても何とかなると思います。
TOEFLは語彙力が11000~12000語くらいのレベルを境に級にスピーキング以外の得点が上がります。「文脈推測」のロスが無くなるので、スムーズに、正確に、かつ集中力を保持したままいけるためだと思います。
英検の2次試験に関しては、専門分野を数分野に絞り、類似したスピーチやエッセイ、仮想質疑などの対策をする人も少なくないので、いきなり表題を示されるTOEFLのスピーキングとは整合性を保ちづらいと思います。

TOEFLの110点はTOEICの950点よりも英検1級の必要十分条件を満たしていると感じます。

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

pipozaru_ayuさん

点数は既出のように、対応表がTOEICのサイトに公開されていますが、英検はマークシートだけのTOEICと違い、高度なライティング、スピーキング能力が試されるため、参考程度にしかならないと思います。また、TOEICはビジネス系英語、英検は学術系英語なので、ある意味別物かもしれません。

どちらを受験するか相談された時は、就職・転職に役立てたいならばTOEIC、英語が好きで勉強しているならば英検を勧めています。

heidfeld2004さん

TOEICスコア875の国内独学学習者です。

TOEICの公式データによると英検1級取得者の
TOEIC-IPの平均スコアは945となっています。

同じ英検1級合格者でも実力差がかなりありますので
一概にスコアがどれくらい、ということは出来ませんし
英検とTOEICは単純に換算できるものではありません
のであくまで参考としてください。

http://www.toeic.or.jp/toeic/pdf/data/DAA2008.pdf
(TOEIC公式HP:2008年度受験者数と平均スコアの8ページ目V-4図)

尚、TOEFLについては申し訳ありませんが分かりません。

kihara0328daさん

試験傾向が全く別物なので、簡単に点数を換算できるものではありません。だからこそ、今でも別々の試験として存在できているのです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する