ここから本文です

形容詞、形容動詞、連体詞の見分け方が分かりません。 参考書や教科書を見てもさ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kurumichan1108さん

2010/1/2119:11:04

形容詞、形容動詞、連体詞の見分け方が分かりません。
参考書や教科書を見てもさっぱりです。
テストでいつも困っています。
教えてください。

閲覧数:
5,197
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u2u2310さん

2010/1/2119:47:16

形容詞・・・状態や性質を表す。言い切りの形(終止形)は「い」で終わる。

熱い、痛い、美しい、遅い、軽い、苦しい、毛深い、こそばゆい、寒い、白い、涼しい、狭い、高い、小さい、冷たい、手堅い、遠い・・・・など


形容動詞・状態や性質を表す。言い切りの形(終止形)は「だ」で終わる。

温かだ、意外だ、遠大だ、温和だ、完璧だ、きれいだ、屈辱的だ、健康だ、さわやかだ、辛辣だ、すこやかだ、鮮烈だ、爽快だ、・・・など。(丁寧な表現になると「だ」ではなく「です」で終わる)


この2つは用言と言って活用のある言葉です。
だから形を変えて使われることも多いです。
その時は「言い切りの形(終止形)」になおしてみましょう。


連体詞は「体言(名詞・代名詞)を修飾する語」です。
だから連体詞の後ろには必ず名詞か代名詞がきます。
活用はありませんので、変化せずかならず同じ形です。

この(本)、その(人)、あの(場面)、どの(服)小さな(家)、大きな(地球)、
おかしな(話)、ある(日)、あらゆる(階層)、去る(1月3日)、来る(2月2日)
いかなる(場合)、あくる(朝)、たいした(問題)、とんだ(ハプニング)。、わが(国)・・・・など


文法、特に品詞を勉強するときは、例語をたくさんあげるとわかりやすいです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

編集あり2010/1/2122:25:40

形容詞と形容動詞の見分け方は、それぞれの終止形と連体形をみればわかります。
例えば、「真っ白い(形容詞)」「真っ白だ(形容動詞)」の活用を見比べましょう。
真っ白い 語幹:真っ白 未然形:かろ 連体形:かっ 終止形:い 連体形:い 仮定形:けれ 命令形:×
真っ白だ 語幹:真っ白 未然形:だろ 連体形:だっ 終止形:だ 連体形:な 仮定形:なら 命令形:×

形容詞 ・・・活用がある。用言なので述語になることができる。基本形(終止形)が「い」で終わるものは形容詞ということです「美しい」
「だ」と「な」で言い換えることができない。「美しだ」「美しな」

形容動詞・・・活用がある。用言なので述語になることができる。基本形(終止形)が「だ」で終わり、連体形は「な」で終わる。
「だ」と「な」で言い換えることができる。「きれいだ」「きれいな」

連体詞・・・活用がない。修飾語になる。体言(名詞・代名詞)だけを修飾。

「大きい池に大きな魚がいる。」を例にあげましょう。
「大きい」・・・「大きだ」とは言えないので形容動詞でない。「大きい池」は「大きかった池」と活用できるので、形容詞と分かる。
「大きな」・・・形容詞には活用語尾「な」が無いので形容詞ではない。「大きな」は「大きだ」とは言えないので形容動詞ではない。
連体詞は活用しないので、「~だ」にすると不自然になる。体言(魚:名詞)を修飾する連体修飾語である。

後は練習して、紛らわしいものをきっちり覚えましょう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する