ここから本文です

贈与税が かからない方法として 毎年 親から109万円づつなら もらっても 贈与...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kikirere5さん

2010/4/716:19:59

贈与税が かからない方法として
毎年 親から109万円づつなら もらっても
贈与税は かからないですか?

詳しい方 教えてください よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,168
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ensan8さん

2010/4/716:34:55

年間110万円の基礎控除の範囲内で何年かかけて贈与をしていけば、合計では多額のお金を非課税で贈与することができます。
しかし、毎年、一定金額を何年かにわたって贈与していくと(連年贈与という)、まとめて贈与税がかかる事があります。
例えば、毎年100万円ずつ10年間贈与を実行すれば、ト-タルで1000万円を贈与する意思があり、そのト-タルを分割して贈与したものとみなされてしまうことがあるわけです。

それを避けるには、毎年の一定額の贈与額をやめ、金額を若干かえたり、毎年同じ月に贈与をしないようにしたり、その年によっては基礎控除額を上回る贈与をして贈与税をわざと支払ったりすることが必要です。

まあ、現金で贈与した場合は記録が残らないので、税務署も把握が困難だと思われますが、毎年109万円を同じ時期に銀行振り込みで渡すのは上記のような可能性があります。なお、年間贈与が310万円までなら贈与額-110万円の10%が税額ですから、仮に120万円贈与したとしても税額は(120万円-110万円)×10%=1万円しかかかりませんから多少オーバーして税金を払ってもそれほどの負担ではないでしょう。

質問した人からのコメント

2010/4/9 10:29:42

みなさんベストアンサーにしたいくらい 貴重な回答ありがとうございました。
すごく助かりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜3件/3件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

takao5943さん

2010/4/817:38:34

毎年 親から109万円づつなら もらっても
贈与税は かからないですか?
>かからないとは思いますが、連年贈与と言われる可能性がないわけではありません。
ありませんが、いわゆる連年贈与についての疑問点を、他の質問の回答として書いたことがあります。私見ですが、問題点が多い事は間違いありません。参考にしてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035309110
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm
このタックスアンサーの様な明らかな場合以外は、課税された事が有るのでしょうか、疑問です。

ただ、課税される可能性がある以上は、期日を一定にしないとか、金額を一定にしないとかの対策をとっておく事には賛成です。

それから、税務署の受領印をもらうためだけに申告書を提出するなら、1,100,999円の贈与でいいんじゃないでしょうか。申告書の提出をしたうえで、納税額0円で良いと思いますよ。おそらく納税額の無い申告書でも受領印は貰えます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

evvesaさん

2010/4/722:32:35

後々のトラブルを考えるならば、税務署に受け取り印を押してもらうほうがいいですよ。まず、贈与税を払ってください。111万円を贈与して、1万円x10%=1000円を納めれば事足ります。仮に贈与契約の存在を疑ってくるようでしたら、毎年の受領印の押された申告書を提示すればいいんじゃないでしょうか?この方法だと、10年で1万円の税金を納めるだけで、1110万円の贈与を行いことができるはずですよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/4/716:28:54

贈与税は一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)。
また、110万円を超える財産をもらったときであっても、夫婦の間で居住用の不動産又は居住用の不動産を取得するための金銭の贈与を受けて配偶者控除を受ける場合には贈与税がかからないことがあります。
なお、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下でも贈与税がかかる場合があります。
それは、贈与を受けた年の前年以前4年以内に父母等から住宅取得資金等の贈与の特例(暦年課税:平成17年12月31日までの贈与に適用がありました。)の適用を受けていた場合です。

毎年109万円ならば贈与税はかかりませんし、申告も不要です

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する