ここから本文です

石川啄木の短歌で『故郷の訛り懐かし停車場の人ごみの中にそを聞きに行く』という...

myuchan0406さん

2010/4/1521:23:13

石川啄木の短歌で『故郷の訛り懐かし停車場の人ごみの中にそを聞きに行く』という短歌があるのですが、この詩について一般的な解釈を知りたいので教えてください!!

回答は出来るだけ早くでお願いします

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
7,366
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xqhxk643さん

2010/4/1521:50:50

「東京での暮らしが続く中、どうしても故郷の東北弁が聞きたくなって、東北往きの列車が発着する上野駅の人ごみの中に入っていく。東北から来た人、東北へ帰る人がいたなら、必ず故郷の東北弁が聞けるはずだから。」

強い望郷の念、故郷がなつかしくてたまらない思いを詠った歌です。

質問した人からのコメント

2010/4/15 22:01:06

降参 ありがとうございますとても解りやすかったです。。。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する