ここから本文です

解決済みのQ&A

TIG溶接のすみ肉溶接での、のど厚確保について

ahiru7766さん

TIG溶接のすみ肉溶接での、のど厚確保について

一般的にすみ肉溶接においては溶接強度から、脚長=板厚(薄い方)、のど厚=脚長×0.7 と文献などにも記載されてますが、これは溶接方法がTIGの場合でも同じなのでしょうか?
被覆アーク溶接であれば、のど厚確保の肉盛が一般的のようですが、TIG溶接では肉盛が難しいように思えるのでが。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2010/6/24 12:14:46
  • 解決日時:
    2010/7/1 08:55:49
  • 閲覧数:
    2,706
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

sarariisaさん

TIG溶接工です。
半自動やアークなら基本的に喉厚不足といった症状はないですが、どうしてもTIG喉厚不足になりがちです。
どの職人さんでも喉厚の指示がでてる場合、二層はしる、半自動で溶接する(半自動でSUSはしると、鉄同様喉厚でます。薄板には向きませんが、喉厚が必要な場合薄板はほぼ無いですね)

大概この二種類の方法でやります
もしくは、二層はしるより時間かかりますし、見た目を綺麗にするのは難しいが、棒をかなり多めに挿入する。
のどれかです

参考になれば

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/6/24 23:19:53

質問した人からのお礼

  • 当方、溶接シロウトの為、参考にさせて頂きます。
    ありがとうございます。
  • コメント日時:2010/7/1 08:55:49

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

shiroppe1226さん

同じです。確保するために電流や溶加棒を選択すれば難しくはありません。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/6/24 12:18:26

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する