ここから本文です

解決済みのQ&A

鮑が祝いの席などで使われるのは高級食材ゆえ珍重されるのだと思っていましたが、...

northjp40さん

鮑が祝いの席などで使われるのは高級食材ゆえ珍重されるのだと思っていましたが、神事の供え物としても古くから使われるのはどういう理由からでしょうか?

  • 質問日時:
    2010/7/1 14:43:06
  • 解決日時:
    2010/7/8 01:40:59
  • 閲覧数:
    151
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

sasayoshimishiwaさん

古来アワビは百年生きると考えられており、そのアワビ干物にして、紐状に途切れることなくきった物をさらに長く伸ばすことから長寿を願う縁起物とされた、ということです。

質問した人からのお礼

  • お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
    ご回答をお寄せくださったお二人に感謝します。
    出来ればお二人にお礼を差し上げたいくらいなのですが
    申し訳ありません。
  • コメント日時:2010/7/8 01:40:59

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

hizensaikouさん

質問者も書かれているように人間にとっても高級食材だからだと思います。神様には山海の新鮮な食材を捧げものとして供えましたが新鮮な魚介類、中でも鮑は特に貴重なものとして扱われました。神様へのお供えが贈り物のルーツとされています。贈り物に常に本物の鮑を用意できませんので鮑の身を薄く削ぎ火のしを使って平らに伸ばしたものを代用品として添え「肴も添えてお贈りいたします。」という気持ちを表したものが「のし(正確にはのしあわび)」の本来の意味です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する