ここから本文です

胆管癌治療について ジェムザール+TS-1 他剤併用

seisanririさん

2010/7/1403:24:09

胆管癌治療について ジェムザール+TS-1 他剤併用

今年父が肝門部胆管癌の手術を受けました。近くのリンパ節に転移があった為3月よりジェムザール単独治療を受けております。現在再発はしていませんが近々Drよりもう一種類追加して治療をしましょうとの提案を受けました。追加とはたぶんTS-1ではないかと思うのですが、まだ再発はなくジェムザールを開始して間もないこの時期に併用治療を開始するのは適切なのでしょうか?再発等が起こってからの併用では遅いのでしょうか?再発予防に対してもジェムザール+他剤併用療法を行う事はございますか?よろしくお願い致します。

閲覧数:
2,297
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qrstuv100さん

2010/7/1709:04:11

胆道癌は他の癌に比べて症例数が決して多くないため、大規模な臨床試験も行われておらず、術後補助化学療法(術後の抗癌剤治療)に関しては有効な治療法というものは確立されていません。胆道がん診療ガイドラインにおいても「現状では推奨すべきレジメンがないので,臨床試験として行われることが望まれる。(推奨度 C1:十分な科学的根拠がないが,有効性を期待できる可能性がある。 )」とされています。

また、ガイドラインでは切除不能、再発例でも「QOLの改善と生存期間の延長について有効性を示唆する論文もみられることから,推奨度はC1とする。胆道癌に対する化学療法は切除不能の局所進行や遠隔転移を有する例,あるいは切除後の再発例に限られるべきである。」と記載されています。

要するに胆道癌の術後補助療法に関しては、十分な科学的根拠はないが、切除不能・再発例においてQOLの改善と生存期間の延長について有効性を示唆する論文もあるので、有効なのかもしれない。といったところです。

上記のガイドラインはH19に最終的な校正が行われたものですが、現時点でも大きな変化はないと思われます。

上記を踏まえて、質問に関してですが、術後補助療法として行うなら保険承認されている、ジェムザールもしくはTS-1を使うことになると思いますが、再発のない段階でジェムザール単独治療を行ったうえで、さらにジェムザール+TS-1の併用療法を行うというのは少なくとも一般的ではないと思います。ただ、有効性が100%期待できないわけでもないので、十分な科学的根拠はないこと、主治医が推奨する理由等を理解したうえで治療を受けられるなら、問題はないと思われます。少なくとも副作用に苦しんだり、通院の負担で苦労したりしながら、受けるものではないと思いますが。

http://www.jsco-cpg.jp/guideline/14.html#cq30

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する