ここから本文です

日本銀行の仕訳について

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

phoebe_1950さん

2010/7/2121:58:41

日本銀行の仕訳について

以下の3つの取引について、仕訳を教えてください

(1)公開市場操作により100の国債を市場から購入した際の銀行の仕訳

(2)日本銀行が外貨100の買い介入をしたときの仕訳

(3)民間銀行Aが顧客からの預金100の引き出しに対応して、日銀から100を引き出した
このときの民間銀行Aと日銀の仕訳。

よろしくお願いします。

閲覧数:
789
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

naniwa335さん

2010/7/2208:39:28

こんにちは・・・

(1)借方*****貸方

国債100****現金100

※資産の部の国債100が増加し現金100が減少

(2)借方********貸方

外国為替100***現金100

※資産の部の外国為替100が増加し現金100が減少

(3)日銀の仕訳

借方*********貸方

当座預金100***現金100

※資産の部の現金100と負債の部の当座預金100が減少

銀行の仕訳

借方******貸方

預金100***現金100

※資産の部の現金100と負債の部の預金100が減少

以上の様になりますのでご参考下さい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

グレード

カテゴリマスター

編集あり2010/7/2218:03:33

(1)銀行とあるが、こりゃ、日銀のことかな。だとすると、

(Dr)国債 100
(Cr)当座預金 100

当座預金というのは、もちろん日銀当座預金のことで、
これは日銀にとっては負債勘定になる。
資金の供給は、日銀にとっては、負債の増加であって、
資産の減少ではない点に注意。

(2)
(Dr)外国為替 100
(Cr)当座預金 100

(3)民間銀行A
(Dr)現金 100 (資産の増加)
(Cr)日銀当座 100 (資産の減少)

(Dr)顧客 100 (預金口座(顧客の氏名勘定)=負債の減少)
(Cr)現金 100 (資産の減少)


日銀
(Dr)当座預金 100 (負債の減少)
(Cr)発行銀行券(又は「現金」) 100 (負債の増加/
「現金」にするなら、資産の減少)

常識的に考えれば、
民間銀行は、顧客との取引に先立ち、
すでに日銀当座預金(民間銀行にとっては、資産)の一部を
日銀券(現金)に変えて
保有しているはずで、顧客が預金を下ろすたびに
日銀当座を現金に変えているわけではあるまいが、
問題文の指示に従い、
顧客の要求があったときに、日銀当座を
現金に振替えた。

日銀側でもそれに対応する仕訳をし、
負債である日銀当座預金が減少し、
同じく負債である日銀券(発行銀行券)が
発行された、とした。ただし、振替える勘定は
「発行銀行券」であって、「現金」ではない。

ここのところが微妙なのだが、
実際に日銀が銀行の要求にしたがって
日銀券を送り出すときに使われる勘定科目は
「現金」勘定。
これは、負債側で「発行銀行券」として発行された
通貨の一部を日銀内部で、
当座の出し入れのために保管しておき、
その金額を資産側に計上しているもの。
しかし、おそらく(というか間違いなく)先生が見たいのは、
そんな実務的な話ではなくて、
貨幣供給と日銀券と日銀当座預金の関係が
理解できているかどうかということ。
もしも現金勘定を使いたいのなら
但し書きで「発行銀行券の相殺勘定」とでも
注記しておくべき。

間違っても、通貨の増加を、日銀の資産の減少などとしてはいけない。
この子は何にも理解できていない、ということで
確実に不可になる。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する