ここから本文です

円借款昔から日本はずいぶんいろんな国にしていますが、実際に返してもらっている...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

ottokodokkoi0920さん

2010/8/1111:45:05

円借款昔から日本はずいぶんいろんな国にしていますが、実際に返してもらっているのでしょうか。中国人は日本の円借款に助けてもらっていたことなどわかっていないような気がしますが、いかがでしょう?

閲覧数:
2,442
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tomofumihiさん

編集あり2010/8/1114:32:59

そうですね、むしろ、円借款などのODAは結構儲かるし、正直、そこまで威張れるものでも、
ないとは思いますが・・。
中国に関しては、1%前後の利息をつけて、貸し出しを行っています。
そして、一度も遅れることなく、返済を受けています。

ただ、利息としては、1%前後というのは国債に比べてもかなり安い方です。
しかし、問題は円高です。
例えば、1993年は円は150円でしたが、今は85円です。このため、一時的に
膨大な利息を取ってしまったこともあります。
例えば、1982年に比べ、円は人民元に対し、今は10倍も高くなっています。
確かに、人民元の値上がりで、一時的に中国が安い利息ですんだときもありましたが、
全体を通して、元が安すぎ、円が高すぎるので、膨大な利息を取ってしまった面
もあると思います。

また、ODAのメリットは、結構、大きいです。
まず第一に、日本企業が現地に出向いて工事を行います。
なので、日本企業は収入を得られる上に、現地の風習や、現地の
人を雇うにはどういう注意がいるかなど、進出するためのノウハウも
学べます。しかも、仮にプロジェクトを失敗しても、相手国の借金
となります。(円借款+技術提供の場合、プロジェクトの失敗、及び
延長は相手国の借金となります。しかも、その料金は技術提供に
参加した日本の企業に支払われます)
例えば、その時に作った橋などが老朽化したら、日本企業が
直しに行ったり、現地に部品を売ったりと維持費で設けることができます。(当然、維持費は
相手国持ちです)
現地としても、維持費や借金を背負うことにはなったとしても、
他国の優れた技術で必要な施設を作れるのだから、得です。
(例えば、自国で橋を作る場合、すぐ落ちるような橋しか作れない、作るまでに十年かかってしまうなどです)

なので、相手国から利子を取って返してもらう分もありますし、実は日本の
企業の収入になったりしているので、むしろ、日本の利益となっている面は大きいと思います。

あと、銀行がお金を借りさせるための競争を行うように、ODAを受ける側だけでなく、
する側にも競争があります。

なので、今のところは、円高の影響もあり、双方の利益となった(むしろ、企業の儲けも
考えると日本の方が儲かったかも)といえるでしょう。


追記
私の上の方(やや言い方がきつい気はしますが)や下の方のいっていることは正しいですね。
そもそも、日本は韓国や中国に対しては、大幅な黒字ですし、経済的には、非常に仲が良いです。
(まあ、実際、中国や韓国との貿易で儲かってます)
なので、経済的には結びつきが強く、大変仲がいいものの、政治面で歴史などの分野では仲が良くなく、
また、国民同士の仲も相対的にはあまり良くないことは、世界でも不思議な現象だといわれています。
(まさにアジア情勢は複雑怪奇)

質問した人からのコメント

2010/8/12 10:56:34

成功 ごかいとうありがとうございました。とてもわかりやすい回答でした。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜3件/3件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

songkichiさん

2010/8/1113:12:41

無償提供以外の借款はきちんと返してもらっていますよ。

また、

「中国人は日本の円借款に助けてもらっていたことなどわかっていないような気がします」

という一言ですが、分かってなかったらどうだというのでしょうか?

気分が悪い?やりがいがない?援助は無駄?と感じる・・ということがおっしゃりたいのでしょうか。

逆にご質問がありますが、

中国と日本の間には、年間貿易高30兆円を超える関係があり、この額は日本の対アメリカを越える額で、日本にとって中国は世界一の貿易相手国としてお互いが国益享受している事実と状況に関して、日本人は理解しているのでしょうか?

例を日常的に戻すと、

「運賃は無料」とか、「金利手数料は私共で負担します」というような商法でも、実際は運賃が無料なはずはなく、金利手数料も無料のはずがありません。単価にきちんと反映されているということです。

確かに、
日本のODAなどが確実に正しく使われ、一切の不正がなく無駄がない!ということは、少なくても中国では断言は出来ませんし、日本からのの援助の内容がが不特定多数の人民に対し、日常的に知りうる形の報道がされているわけではありません。

ただ、その援助で開発をして、その効果を出すことに携わっている中国人はちゃんと知っていますよ。
そして、その効果の後で利益を得た日本関係部署や企業はきちんと恩恵を受けていますよ。

中国人から、

日本人て、南京大虐殺とか、侵略戦争とか、学校の授業で教えない・・日本人が昔、中国人に対して何をしたか、一般の日本人はわかってないような気がしますがいかがでしょうか?

というレベルで質問されても困ると感じられませんか?

実際には、現在の日本は世界でも非核三原則をもつ、有数の平和国家であり、世界各国に平和に対する援助をし、戦後一切の外国との紛争無く、世界の経済大国として君臨している事実に、中国人が目をむけ、理解すべきだ!ど、堂々といえる日本人でなければならないですよね?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/8/1112:53:40

対中のものも外務省が発表しています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/kondankai/senryaku/21...

ところでこのような返済金には金利がついています。金利は日本の収入になります。
また海外資産(外国債の償還や外国においてある外貨金利)も、収益を生み出します。
日本は2005年に、貿易の黒字よりも所得収支(外国への投資から得た利子・配当)が多くなりました。
今の日本は物を売る貿易立国から、投資立国となっています。
http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_eco_bop-balance

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aki_kuro_01さん

2010/8/1112:23:17

どれくらいの金額をどれくらいの国に貸して、どれくらい返してもらってるかは知りませんが、ぼちぼち返してもらっているみたいです。
返してくれない国も多いかも。

中国人は日本の円借款を知らないでしょう。知識人は知ってると思います。何年か前に中国政府がそのような報道をしたはずですが、庶民にとってはどうでもいい事なのできちんと把握してないと思います。

社会実情データ図録
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0960.html
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0800.html

投稿画像

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する