ここから本文です

解決済みのQ&A

本の持ち方について質問させて頂きます。 小説をよく読むのですが、持ち方が悪い...

rev_h13さん

本の持ち方について質問させて頂きます。

小説をよく読むのですが、持ち方が悪いせいなのか手が疲れてしまいます。

右めくりの小説(表紙、裏表紙は曲がる物)の場合の持ち方としては…

右手は表紙とめくったページをもってます。

問題は左です。

左手は、めくるページに親指、背表紙に残りの4本指で持っています。
この場合、左手でめくるページと裏表紙を曲げなくてはなりません。
長時間、読んでいると左手親指以外の4本が疲れてしまいます。

他に、色々な持ち方があれば教えて頂きたいのです。


説明下手で、誠に申し訳ありませんが、よろしくお願い致しますm(__)m

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2010/8/15 16:19:53
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2010/8/30 03:36:01
  • 閲覧数:
    1,033
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

sri10121923さん

私の持ち方ですが。

右手は、親指と人差し指(+中指)で開いているページと表紙を挟む感じで持っています。

左手は、親指は主に本の「小口」の部分に当たっていて開いているページの端っこに親指の先端がかかっている感じです。
人差し指は裏表紙全体を斜めに横切る感じで、中指から小指で本の背表紙を持つ、という感じです。
つまり、左手の掌全体で、本の重みを支えている感じです。

質問者さんがおっしゃるように、親指以外の4本を背表紙に持ってくる形にしてみると、親指と残りの4本で本を挟む感じになって、安定しません。
これが疲れる原因じゃないでしょうか。

あるいは、親指以外の4本の指を、背表紙に持ってくる持ち方もしてみましたが、これだと手が小さい人だと親指と人差し指の間ががつりそうですので、この持ち方も疲れるような気がします。

ということで、左掌に本を載せるようなつもりで持てば、少しは楽なんじゃないかなあと思います。

あと、私の場合、時々無意識に右手に持ち替えています。
その時は、本の下の方を持つのですが、形としては、本のノドの部分に親指がかかり、人差し指は表紙、中指は軽く曲げて背表紙から裏表紙へ、薬指も曲げて裏表紙と背表紙の一番下の部分を支える感じです。小指は本には触れず、薬指を支える形になっています。

なんにしろ、同じ姿勢は疲れますから、時々、持ち替えるなり、机の上に置くなりして、体勢をかえれば、さほど疲れないと思います。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/8/15 18:59:36
  • 回答日時:2010/8/15 18:55:50

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する