ここから本文です

解決済みのQ&A

遺族基礎年金と遺族厚生年金について教えて下さい。 全くの無知で申し訳ありませ...

minnieakemさん

遺族基礎年金と遺族厚生年金について教えて下さい。
全くの無知で申し訳ありません。。。
遺族基礎年金とは18歳になるまでの子供がいる家庭の子供と、妻に支払われるのですよね?平均的に12~15万円と聞きました。

遺族厚生年金とは、18歳未満の子供がいない家庭の妻にたいして支払われるものなのですか??

旦那さんが亡くなった場合、遺族基礎年金+遺族厚生年金の両方がもらえる訳ではなく、どちらか一方という意味でしょうか??

旦那は現在34歳。
4年大学卒業後、サラリーマンとして転職等せずに働いています。月収は平均30万円です。
遺族厚生年金の計算の仕方がイマイチわかりません。。。。万が一、亡くなった場合はいくら程年金を受けとれるのでしょうか?
現在生命保険見直し中で、収入保証型の保険加入検討中でして、その資料にしたいと考えています。

補足
melody mama様、ご返答ありがとうございます。
すみません、確認なのですが、
遺族厚生年金は30歳未満の子のない妻には五年しか給付されない

30歳未満の子のいる妻は、子が30歳になるまで遺族厚生年金をうけとれる(生計をともにしている場合のみ)

という意味ですか?
  • 質問日時:
    2010/8/31 15:50:21
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2010/9/7 20:17:11
  • 閲覧数:
    6,834
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

melody_mamaさん

遺族基礎年金の対象になる子供がいる場合、
遺族基礎年金+遺族厚生年金のダブルで支給されます。
遺族基礎年金は、子がいなければ、もらえないし、
夫の死亡時に遺族基礎年金の対象年齢を超えていれば、もらえません。
もらっても、末子が遺族基礎年金の対象年齢を超えた時点で、なくなります。

遺族厚生年金は、子の有無、年齢に関係なくもらえます。
但し、夫が死亡時に、30歳未満の子のない妻は5年間の有期給付となりますが、
30歳以上であれば、再婚しない限り、死ぬまで、もらえます。

遺族年金が一切、もらえないケースとしては、
老齢厚生年金の資格期間を満たす前に、退職、転職して、国民年金1号被保険者に該当した場合、
子がいない場合、子の年齢が、その時に、遺族基礎年金の受給対象を超えている場合、
被保険者ではないし、老齢厚生年金の資格期間を満たしていないから、
被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。
(ただし、遺族基礎年金と同様、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が国民年金加入期間の3分の2以上あること。)という条件をクリアしてなければ、もらえないから、
もし、国民年金に変わった後で、老齢厚生年金の資格期間を満たす前に、発病した病気、事故で死亡では、もらえません。

http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index5.html
http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index5-1.html

補足
>30歳未満の子のいる妻は、子が30歳になるまで遺族厚生年金をうけとれる(生計をともにしている場合のみ)

30歳は、子の年齢ではなく、夫死亡時の妻の年齢です。
子のいる妻、子がいない30歳以上の妻は、基本、再婚しない限り、死ぬまで、遺族厚生年金をもらえますが、
例外、子のいない30歳未満の若い妻に限り、5年の有期になります。
子もいないし、若いから、働きなさいってことでしょうね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/9/2 22:10:23
  • 回答日時:2010/9/1 14:07:58

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

yamamichi5656さん

ご主人の「年金定期便」をご覧ください。
1.これまでの年金加入期間 の 「厚生年金保険」の月数が150月くらいでしょうか。
2.これまでの加入実績に応じた年金額 の (2)老齢厚生年金額 の金額をご確認ください。

老齢厚生年金額 × 3/4 ÷ 厚生年金の月数 × 300 これが遺族厚生年金の金額です。

まだお若いので、厚生年金に加入中でないと遺族厚生年金はもらえません。 (実際はとても複雑ですが。)
奥様もお若そうですので、夫死亡時に30歳未満ですと、遺族厚生年金は5年で打ち切りになります。
ご質問の中にお子さんのことがありませんので、お子さんはいらっしゃらないとして。

高校生までの子供がいれば、遺族基礎年金も両方、もらえます。
子供がいても、厚生年金加入中でなければ、遺族基礎年金だけです。

ご夫婦とも40歳代後半になると、少し話が変わってきますが、万一のことを考えると、できるだけ厚生年金に加入し続けた方がいろいろとお得です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する