ここから本文です

解決済みのQ&A

簿記の、のれんについて。

bamse_mami_sさん

簿記の、のれんについて。

今簿記の勉強をしています。

そこで質問なのですが、
簿記ののれんは
なんで「のれん」という名前なのですか?

  • 質問日時:
    2010/9/17 15:58:30
  • 解決日時:
    2010/9/22 17:32:36
  • 閲覧数:
    585
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

taketo1971さん

「暖簾(のれん)を分ける」という言葉があります。
(Yahoo辞書より)商家で、長年よく勤めた店員などに新たに店を出させ、同じ屋号を名のらせる。そのとき、資金援助をしたり、得意先を分けたりする。

例えば、人気ラーメン店「(仮称)来来亭」で修行して、その師匠と同じくらいの味を出せるようになった弟子が暖簾を分けてもらう。

このときの暖簾(のれん)とは、「(仮称)来来亭」という店名が書かれた暖簾(入口に掲げる暖簾)のことです。
つまり「暖簾を分ける」とは、その名前を名乗っても良いという意味です。

暖簾(のれん)とは、その名前を名乗れば顧客に信用を得られるものを指します。

さて、本題に戻ります。
簿記の「のれん」とは、上記の暖簾のようにその名前を名乗れば新規参入するより人気や信用を得られる名前を、資産と考えます。そのため、実際の資産価値より高い評価で買収するのです。

そういうわけで、「のれん」という勘定があるのです。
ちなみに何年か前は「営業権」という勘定でした。

質問した人からのお礼

  • 感謝簿記ののれんの意味あいもよくわかりました^^
    ありがとうございます!
  • コメント日時:2010/9/22 17:32:36

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する