ここから本文です

解決済みのQ&A

ドイツが戦争を起こしたことについて公式的に謝罪したことはありますか。

apologetictoanextentさん

ドイツが戦争を起こしたことについて公式的に謝罪したことはありますか。

  • 質問日時:
    2010/11/2 00:08:47
  • 解決日時:
    2010/11/16 04:04:56
  • 閲覧数:
    829
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

thor1203さん

イギリスとフランスがナチスドイツに宣戦布告したことで第二次世界大戦は起きました。
ですから戦争を起こしたことについてはドイツに責任はありません。

ただし、ドイツはヴェルサイユ条約に違反して旧ドイツ帝国の領土に進駐しポーランドの独立まで脅かしました。
これがイギリスとフランスが戦争を始めた原因であり、その事についてはドイツは謝罪する義務があります。

ただし、現在のところ第二次世界大戦の於けるドイツとの講和条約は締結されていないので、
ドイツは謝罪も賠償も行う機会がありません。
(ナチス犯罪による被害者への支援金は援助されている)

ちなみにドイツがユダヤ人虐殺について謝罪した事実はありません。
というよりキリスト教には死者に対して何らかの感情を示すという概念自体がありません。
死者は最後の審判まで何らの感情も持たず眠り続けるというのがキリスト教の考え方で、彼等の祈りは全て神に向かうのです。

呆れた話ですが、一部のサヨクはドイツのヴィリー・ブラント首相がユダヤ人に土下座して謝ったという話を広めています。
分かり切った話ですが、ドイツに土下座という風習はありません、もちろん伏せることが謝罪を意味するという概念もありません。
ワルシャワでユダヤ人ゲットー跡地に献花し跪いて神に祈りを捧げたという事が、
なぜか日本では、ユダヤの怨霊をブラント首相が謝罪することで浄霊した、という話に歪められてしまったのです。
(ちなみにこの献花によりナチス犯罪被害者への支援対象がポーランドまで広がったため、ブラント首相は国庫を危うくさせた問題で与野党から非難された)

他人の宗教を自分達の宗教に勝手に歪めて理解してしまうあたりは、いかにも島国根性旺盛な独善的発想だと考えるべきでしょう。
まさにこういった独善が戦前日本帝国主義の暴走に繋がっているのですが、自分自身に対する反省に繋がらないあたりが一部の愚かな軍人達を彷彿させます。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/11/2 21:25:07
  • 回答日時:2010/11/2 19:55:47

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

daitouayokoyamaさん

それは第二次世界大戦のことをいっているのですか??
ドイツは第二次世界大戦を起こしたことについては
謝っておりません。
(ユダヤ人を抹殺しようとしたことについては謝りました)

ytadanukiさん

ドイツが戦争を起こした?
何のことだ?
しかけてきたのはルイ14世だ。

ghkierdさん


ドイツは不誠実倭人と違って誠実な民族

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する